トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松山巌

松山巌

松山巌さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

受賞歴

松山巌関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2002.3.31 作家の読書道:第9回 長嶋 有さん

    「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞したばかりの、長嶋有さんの登場です。日常を淡々と、独特の文体とユーモアセンスで描く長嶋さんですが、その発想の素になっているのは、なんとマニアックなコミック群だったんですねえ。第9回「作家の読書道」は期せずして、マンガ好きにも見逃せないインタビューとなりました。

  • 2001.12.31 作家の読書道:第7回 川上 弘美さん

    大人気の「作家の読書道」第7回目に登場するのは、今年「センセイの鞄」で谷崎潤一郎賞を受賞された川上弘美さん。編集部は、三鷹を訪ね、「うんうん」と頷き、澄んだ文章そのままのたおやかな言葉で話される川上さんのお話に耳を傾けました。

松山巌関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

seitaro4松山巌著『百年の棲家』 (ちくま学芸文庫) 『百年の棲家』では、幕末から高度成長時代にいたる暮らしの変貌を、「ランプ亡国論」の佐田介石、丸の内三菱一号館、長崎県・端島(軍艦島)、京都府大山崎・聴竹居、同潤会アパートなどを題材に.… https://t.co/TOMU3DcBQo
kisholibrary百冊の架空の偽書|『偽書百撰』垣芝折多、松山巌 文春文庫 https://t.co/sR8MQEAuhf
yasukidou2.川村湊・松山巌『ミステリー・ランドの人々』古今の探偵小説の登場人物50人をテーマに時代の謎を読み解く。金田一耕助ついては『八つ墓村』『本陣殺人事件』を参考にしつつ、「民俗学者的雰囲気」の人物として見た探偵論が展開されていて興味深い。
kanro300◎1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶 写真:池田信 解説:松山巌 定価3024円 https://t.co/FpPqcl4w4i #ヤフオク
rou_ad32811.十二階が建った頃には、考えられぬほどに、写真は大きな影響力をもつようになっていた。(乱歩と東京/松山巌)
tmnghryk1984年に大学進学で、京都に下宿をしたけど、休みのときは、東京にも「青春18切符」で遊びに行っていた。友人に会うのと美術館が目当てだけど、松山巌の著書 「乱歩と東京 1920都市の貌」を読んで、同潤会アパート跡地を巡ったりも。
takatsu_izumi坪内祐三「古くさいぞ私は」を読んでいたら、松山巌との対談に華厳の滝で自殺した藤村操の話題が。あれ?藤村操に関して最近何かで読んだなと思ったら、これも最近読み出した朝倉喬司の「自殺の思想」だった。併読しているとこんな偶然もある。まあ、良くある話ではあるが。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松山巌さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)