トップページ > 作家名一覧 > のから始まる作家名一覧 > 野阿梓

野阿梓

野阿梓さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

野阿 梓|のあ あずさ|1954年 - は日本のSF小説家であり、耽美小説作家でもある。本名等は、非公開。
福岡県福岡市出身。
父は推理作家の石沢英太郎(1916 - 1988年)。
1979年、西南学院大学文学部を卒業。同年、大学時代に書いた処女作『花狩人』で第5回ハヤカワ・SFコンテスト入選第1席を受賞 。
*同作品はパロディを多用し、現代史および人類の文化史全体への批判的参照を行いつつ、少女漫画的であると同時に硬質な幻想世界を構築している。流麗な文章と構成力が高く評価された。本作品に埋め込まれた現実を冷徹に見つめる政治思想と耽美性は、後の長編の主題をすでに先取りして表現している。
1980年、自費出版で『ガロ作品総目録』(はなのまり名義)を製作。編集者の長井勝一の自伝でも言及された。
萩尾望都のファンであった。
すでに『花狩人』、『ハムレット行』などの初期短編で示されていたが、耽美的少年愛を描く側面があり、ここより、1991年に耽美小説家山藍紫姫子の知己となり、「やおい」についての論評等を行うようになった。野阿は自身を耽美やおいSF作家とも称しているが、通常のやおい作家とは概念が異なる。
日本SF作家クラブ所属。

受賞歴

野阿梓関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

野阿梓関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

madpsycologic東急ハンズの古書市で買ってきた野阿梓。野阿梓は月光のイドラもよき。ノベルス版の絵が好き https://t.co/glHDvJvlTN
violetclow7234km歩いて欲しかったものが何も在庫がなく、古書市で野阿梓を買って帰っただけになった。野阿梓は「月光のイドラ」も面白いのでぜひ https://t.co/qS6i1EeAdZ
sakakikyousuke前にも書いたやうな氣がしますが、野阿梓氏は自作の『綠色研究』を塚本邦雄にも獻呈してゐたらしく、先生が「僕の本と同じタイトルの本が送られて來た」と言つてゐたと、人傳てに聞きました。お讀みになつたかどうかまでは存じません。
atoreides『伯林星列』、二二六で宮城突入が決行された世界線を舞台に、ティント・ブラス映画『サロン・キティ』に日本人美少年を送り込む…みたいなややこしいお話なのだけれど、この北一輝と石原莞爾が組む世界線はなかなかに魅力的で。 野阿梓、この線で… https://t.co/NNv7s32wQg
rusbum02野阿梓に出逢わなければ、人・文化・自然が奏でるハーモニーは語彙が「バブバブ」か「おしっこ、できた」しかない状態脱せんかもしれんかったし…………
WDsABC1QJD57zfyたにまち月いち古書即売会に行ってきた!野阿梓氏の父、石沢英太郎の『羊歯行・乱蝶ほか』は長年気になってた1冊。とてもうれしい価格で入手でき大満足。『繩の戦士』は富士◇ロマンでも〇済堂でもなくて銀背。エロくないざんす! https://t.co/ST78F9f5KL
rushihaヴィンチェンゾ・ナタリに野阿梓『花狩人』を実写化してほしさあるな…いや、トールグラス観た後だから短絡的にそう思ったけど、むしろレモン・トロツキーシリーズの不条理迷宮的内容のが合ってる気がする。(TLの90%に通じない話題) https://t.co/EnN5wgHEUx
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    野阿梓さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)