トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒田夏子

黒田夏子

黒田夏子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒田 夏子(くろだ なつこ、本名:非公開、1937年3月23日 - )は、日本の小説家。東京・赤坂出身。父はサンスクリット学者の辻直四郎。
4歳の時に母親が結核で死去し、自身も自宅療養する中、5歳の時に物語を書き始める。
小学校から高校まではカトリック系の湘南白百合学園に通った、在学中に同人誌『砂城』を主宰した。
同時期、早大国文科の先輩に寺山修司と山田太一がおり、元NHKアナウンサーでエッセイストの下重暁子は同級生で同人誌仲間であった。
1963年、『毬』で読売短編小説賞に入選。1970年頃からは賞への応募や印刷物への公表はせず、執筆活動を続けた。
2012年9月、「早稲田文学」に投稿した『abさんご』で早稲田文学新人賞を受賞し、デビュー。2013年1月、同作で第148回芥川賞を受賞。75歳9か月での同賞受賞は史上最年長記録となった。
*累成体明寂(2010年12月 審美社)ISBN 978-4788331365
*abさんご(2013年1月 文藝春秋)ISBN 978-4163820002
*感受体のおどり(2013年12月 文藝春秋)ISBN 978-4163828404

受賞歴

黒田夏子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒田夏子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou蓮實重彦東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞。さらに史上最高齢の75歳で芥川賞を受賞。記者会見では「生きているうちに見つけてくださいましてありがとうございました」と真摯に語り、話題となった衝撃の作品。『abさんご』黒田夏子https://t.co/tjAqJNzYvZ
kurotuki_3さんごabさんご 黒田夏子 芥川賞 https://t.co/3UYslSkY2z
bot_q3芥川賞を現時点で最年長で受賞した黒田夏子は何歳の時に受賞した? #グノシーQ対策問題 #小説
Namimagazine蓮實重彦著『伯爵夫人』の評者は黒田夏子さん!/危険な感情教育(波2016年7月号)https://t.co/Jwgh1cGZo5
ko10baそうだったのか,あけさえすればずっとここにいたのだったかとなっとくした者は,じぶんの長いうかつなおもいこみをやすらかにあきれていた『abさんご』黒田夏子
9n_admooooabさんご/黒田夏子父親とふたりの生活に家政婦らしき人が介入してきて、静謐な生活がゆっくりと壊されていくという筋。究極に洗練された日本語(だと思う)が読める。なんか書く時は常に手元に置いてます。
gomzo__i黒田夏子にいつもひれ伏してる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒田夏子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)