トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > こざわたまこ

こざわたまこ

こざわたまこさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

こざわ たまこ(1986年 - )は、日本の小説家。会社員。
福島県南相馬市生まれ。
小学生の頃から小説や漫画が好きで、ノートにお話や漫画を書き留めたりしていた。趣味は、演劇鑑賞と漫画を読むこと。好きな作家として、重松清、窪美澄を挙げている。

こざわたまこ新刊

  • 発売日
    2018年5月16日
  • 書名
    仕事は2番

受賞歴

こざわたまこ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

こざわたまこ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shihologramこざわたまこ「負け逃げ」最終章
hyokofujiこざわたまこ『負け逃げ』田舎の高校生の閉塞感と、くすぶるエネルギーがよかった。爽やかな青春じゃなくて鬱屈を抱えた日々っていうのもいいね。村や家に縛られる大人の存在も苦しくなるほど重くていい感じ。嫌な人の笑い方が気持ち悪い所、秀逸や… https://t.co/ExYxoxeOTg
phana16hanaqこざわたまこ「負け逃げ」読了。とてもよかった。作品が持つ熱量とか、なにも変わってないように見えるのに、わずかに少しだけ本人達の中に自覚してるかしてないかわからないぐらいのような微妙な変化が訪れてる感じ。10代の少年少女、そし… https://t.co/C2mLMSb0WW
245pro『仕事は2番』(こざわたまこ/双葉社)読了。OA機器の販売会社で働く人たちの連作短編集。仕事が第一という考えも仕事は二の次という考えも私はどちらも好きだ。戻ってきた先輩ママ社員にモヤモヤを抱える沙也。人望はあるが家庭がうまくいって… https://t.co/XZHTdltql0
matsu_am先々週読んだ本その2『負け逃げ』(こざわたまこ/新潮文庫)。初めて読む著者さんで、4半世紀ほど大学の後輩になるのか(笑)。田舎の閉塞感とか鬱屈って時にホラーになるのだが、青春小説に振ったようで関心を抱いた。……こりゃすごいわ。主役… https://t.co/wyJk0t1DeO
mntaverageこざわたまこ「負け逃げ」を読んだ。土地に漂う閉塞感とか共感できるところは多かったけど、各章のドラマチックな部分で文章の展開が急になる感じがあって、その度に「おーおー」って思った。解説文を読んでたらなんでかめっちゃムカついた。自… https://t.co/83dfjCThi5
hakutei0528こざわたまこ『負け逃げ』新潮文庫、Ⅴ けもの道 まで。この章、すごかった。後半に感じたものは戦慄に近かった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
こざわたまこさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)