トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 河野裕

河野裕

河野裕さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河野 裕(こうの ゆたか、1984年 - )は、日本の小説家、ゲームデザイナー。徳島県出身、兵庫県在住。男性。
徳島県出身、グループSNEに所属し、小説の執筆の傍ら、ゲームの制作も手掛けている。
2009年、「サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY」で角川スニーカー文庫(角川書店)より小説デビュー。同年、TRPG『ゲヘナ〜アナスタシス〜』のリプレイ「ミラージュオーシャン・ログブック―Replay:ゲヘナ〜アナスタシス〜」で、integral(ジャイブ)より、リプレイ作家としてもデビューを果たす。
影響を受けた作家として秋田禎信、乙一、村上春樹、西尾維新などを挙げている。
2009年、夏バテのためにパピコを多食した結果糖尿病を患い、夏から初秋にかけて入院した。
2015年、『いなくなれ、群青』で第8回大学読書人大賞受賞。

河野裕新刊

  • 発売日
    2019年12月23日
  • 書名
    さよならの言い方なんて知らない。3
  • 発売日
    2019年11月30日
  • 書名
    魔術士オーフェンアンソロジー
  • イラストレーター
    草河遊也
  • 発売日
    2019年9月28日
  • 書名
    さよならの言い方なんて知らない。2

受賞歴

河野裕関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.3.17 有栖川有栖に、青崎有吾ら豪華作家陣が勢ぞろい! 「東京創元社 新刊ラインナップ説明会」レポート

    SFやファンタジー小説の老舗出版社として知られる東京創元社が、今年で4回目となる「新刊ラインナップ説明会」を2017年2月23日(木)に開催。同イベントには報道関係者だけでなく書店・販売会社や一般読者も招かれ、豪華作家陣がゲストとして登場して会場を沸かせた。

  • 2016.6.12 ラノベとエンタメの間、ライト文芸が進化中!

    "中間小説"と言えば、純文学と大衆文学の中間にある娯楽小説のこと。ところが最近は、ライトノベルとエンタメの中間を指すと聞かされて驚いた――という話を目黒考二氏のコラムで読んで驚いた。ええっ、いつの間にそんなことに!?

  • 2015.5.7 小説とラノベを分けるのはナンセンス!? 人気の「キャラ文芸」とは何か?【識者解説】

    「ライト文芸」「キャラ文芸」と呼ばれるエンタメ小説のレーベルが次々と創刊されている。これは「ライトノベル」や一般文芸のエンタメ小説といったいどこが違うのか? そんな基本的なことから、このジャンルが注目されている理由、今後の展開についてまで、『ライトノベルから見た少女/少年小説史』の著者で辰巳出版が2月に創刊したライト文芸レーベル「T-LINEノベルズ」の監修も務める大橋崇行さんに聞いた。

河野裕関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

JeW80fufサクラダリセットというアニメが好きなのですが、その原作者が河野裕さんという人だと知り、河野さんのほかの作品である、「いなくなれ、群青」という本を読んでいます。会話のテンポや謎めいた雰囲気がとても気に入っています。次は何を読もう。
Sakurada_words【河野裕】作品一覧No.3【階段島】『いなくなれ、群青』『その白さえ嘘だとしても』『汚れた赤を恋と呼ぶんだ』『凶器は壊れた黒の叫び』(10月28日発売)(新潮文庫nex)
cUZWgJOMOa6x7Zo【いなくなれ、群青】著:河野裕中高大学生の方におすすめします!というのも、幼い我々が自我の確立の過程で捨て去るものに、目を向けるきっかけとなると思ったからです。登場人物の七草、真辺は何者なのか最後に分かりますが、我々… https://t.co/ZkqNHy16K1
arasi_eighter河野裕さんの小説本当に面白いから読んでほしい
YTKT_yukihitoようやく河野裕の階段島シリーズを読み終えた。多分信仰と憧憬と敬愛の物語だったんだと思う。それでいて、愛慕と執着の物語ではなかったんだと思う。そういう感じ。
masha9040紅玉いづきさんの毒吐き姫と星の石を布教用に一冊欲しいし、河野裕さんのサクラダリセット全巻を角川版揃えたいし、梨沙さんの華鬼も全巻講談社版揃えたい。須賀しのぶさんの革命前夜と芙蓉千里全巻揃えたい。深木章子さんの猫には推理が似合うと西尾維新さんのクビキリサイクルも欲しい欲望。
_tataricusぼろぼろになってもまだ進むヒーローをみて、一体だれが笑えるというんだ。(その白さえ嘘だとしても/河野裕)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)