トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安生正

安生正

安生正さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安生 正(あんじょう ただし、1958年 - )は、日本の小説家・推理作家。京都府京都市出身、東京都在住。京都大学大学院工学研究科卒業。建設会社勤務。
2012年、『生存者ゼロ』で第11回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞。2013年、同作で作家デビュー。2014年、同作が文庫化されると3ヶ月で発行部数が55万部を突破するベストセラーとなった。オリコンの発表した「2014年 上半期“本”ランキング」の文庫総合部門では約26万部で第14位に、「2014年 年間“本”ランキング」の文庫総合部門では約39万部で第18位にランクインした。
=
生存者ゼロ(2013年1月 宝島社 / 2014年2月 宝島社文庫)
ゼロの迎撃(2014年7月 宝島社 / 2015年3月 宝島社文庫)
ゼロの激震(2016年4月 宝島社)

安生正新刊

  • 発売日
    2017年6月24日
  • 書名
    ゼロの激震 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

受賞歴

安生正関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.12.27 「このミス」大賞4人の短編、オムニバスドラマに

    宝島社主催の「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人が書き下ろした短編小説を、オムニバス形式でドラマ化した「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」が29日午後9時から、TBS系で放送される。

  • 2012.10.1 第11回『このミス』大賞、発表!

    スケールの大きさと大胆な発想が高評価を得た、安生正『生存者ゼロ(仮)』(応募時タイトル:『下弦の刻印』)が大賞に決定しました。優秀賞には、予想できない展開で読ませる新藤卓広『秘密結社にご注意を(仮)』(応募時タイトル:『或る秘密結社の話』)、表現力と独特の世界観が評価を得た深津十一『童(わらし)石をめぐる奇妙な物語(仮)』(応募時タイトル:『石の来歴』)が選ばれました。経緯は最終選考委員による選評をご覧ください。

安生正関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gasupapa1655062@urO4D9azUubLkAm 可南子ちゃんおはようございます
m_uujj安生正 著「ゼロの迎撃」読了。ページをめくる手が止まらなかった。ぞっとするような戦闘描写、リアルな政府の動き、会話、空気、登場人物一人ひとりの苦悩や葛藤、恐怖、それらを乗り越えようとする勇気、守りたいと願い奮い立つ姿、色んなものが鮮明に浮かび上がるような...。
mystery_ogaki『震度0』横山秀夫『ゼロの蜜月』高木彬光『午前零時のサンドリヨン』相沢沙呼『生存者ゼロ』安生正『京都駅0番ホームの危険な乗客たち』西村京太郎 #タイトルを100倍にすると盛り上がる
doksm2201シン・ゴジラ見始めた安生正のゼロの激震思い出すあれ面白かったな
mio301123内閣やら政府やら自衛隊やらが謎の敵と戦うのが好きなら安生正の0シリーズオススメ使えない政府っていうところもおもしろいよ
Anne__iIIシン・ゴジラを見て面白いと思った人とパンデミック系が好きな人はぜひ安生正の「生存者ゼロ」を読んでほしい
39rama101安生正さんのゼロシリーズ読んでて今ゼロの迎撃読んでるんだけど、こう、何らかの有事で国が危うくなった際に自衛隊が動くまでがとてもわかりやすいからこれ読んだ後に改めてシンゴジ見るとまた違った楽しみ方が増えた気がする
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安生正さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)