トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安生正

安生正

安生正さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安生 正(あんじょう ただし、1958年 - )は、日本の小説家・推理作家。京都府京都市出身、東京都在住。京都大学大学院工学研究科卒業。建設会社勤務。
2012年、『生存者ゼロ』で第11回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞。2013年、同作で作家デビュー。2014年、同作が文庫化されると3ヶ月で発行部数が55万部を突破するベストセラーとなった。オリコンの発表した「2014年 上半期“本”ランキング」の文庫総合部門では約26万部で第14位に、「2014年 年間“本”ランキング」の文庫総合部門では約39万部で第18位にランクインした。
=
生存者ゼロ(2013年1月 宝島社 / 2014年2月 宝島社文庫)
ゼロの迎撃(2014年7月 宝島社 / 2015年3月 宝島社文庫)
ゼロの激震(2016年4月 宝島社)
*Tの衝撃(2017年1月)
*レッドリスト(2018年2月)

安生正新刊

  • 発売日
    2019年3月12日
  • 書名
    東京クライシス 内閣府企画官・文月祐美

受賞歴

安生正関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.12.27 「このミス」大賞4人の短編、オムニバスドラマに

    宝島社主催の「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人が書き下ろした短編小説を、オムニバス形式でドラマ化した「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」が29日午後9時から、TBS系で放送される。

  • 2012.10.1 第11回『このミス』大賞、発表!

    スケールの大きさと大胆な発想が高評価を得た、安生正『生存者ゼロ(仮)』(応募時タイトル:『下弦の刻印』)が大賞に決定しました。優秀賞には、予想できない展開で読ませる新藤卓広『秘密結社にご注意を(仮)』(応募時タイトル:『或る秘密結社の話』)、表現力と独特の世界観が評価を得た深津十一『童(わらし)石をめぐる奇妙な物語(仮)』(応募時タイトル:『石の来歴』)が選ばれました。経緯は最終選考委員による選評をご覧ください。

安生正関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

singo212本 ゼロの激震 安生正 3
niboshi105真っ先に、安生正さんのゼロの激震を思い浮かべた。 https://t.co/0ALYjeP1iS
saikorokkkこういうのが映画になるんだから、早く安生正の小説も映像化してよ!!!!!!
straight160安生正『東京クライシス』竜巻による大停電と荒川の決壊。首都崩壊を目前に全く機能しない政府首脳。こんな政府をいだくことこそ大災害と思わせるお話でした。#読書
allreviewsjp【新着】「未曽有の災害に見舞われた東京の混乱を、きわめてリアルに描く」安生正『東京クライシス 』(祥伝社)、嵐山光三郎『ゆうゆうヨシ子さん』(中央公論新社)、萩野正昭『これからの本の話をしよう』(晶文社) - 岡崎 武志による読… https://t.co/LqakUJ2HeG
ta_syumiyou安生正「ゼロの激震」読了
sun8now【東京クライシス】 安生正 荒川決壊、竜巻による大規模停電、二転三転する政府の方針。"首都崩壊"が迫る中、一人の女性官僚が立ち上がる。私の戦場は、官邸――女だからって、なめるな。 ⇒ https://t.co/ywf0h3vx79
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安生正さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)