トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安生正

安生正

安生正さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安生 正(あんじょう ただし、1958年 - )は、日本の小説家・推理作家。京都府京都市出身、東京都在住。京都大学大学院工学研究科卒業。建設会社勤務。
2012年、『生存者ゼロ』で第11回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞。2013年、同作で作家デビュー。2014年、同作が文庫化されると3ヶ月で発行部数が55万部を突破するベストセラーとなった。オリコンの発表した「2014年 上半期“本”ランキング」の文庫総合部門では約26万部で第14位に、「2014年 年間“本”ランキング」の文庫総合部門では約39万部で第18位にランクインした。
=
生存者ゼロ(2013年1月 宝島社 / 2014年2月 宝島社文庫)
ゼロの迎撃(2014年7月 宝島社 / 2015年3月 宝島社文庫)
ゼロの激震(2016年4月 宝島社)
*Tの衝撃(2017年1月)
*レッドリスト(2018年2月)

安生正新刊

  • 発売日
    2019年3月12日
  • 書名
    東京クライシス 内閣府企画官・文月祐美

受賞歴

安生正関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.12.27 「このミス」大賞4人の短編、オムニバスドラマに

    宝島社主催の「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人が書き下ろした短編小説を、オムニバス形式でドラマ化した「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」が29日午後9時から、TBS系で放送される。

  • 2012.10.1 第11回『このミス』大賞、発表!

    スケールの大きさと大胆な発想が高評価を得た、安生正『生存者ゼロ(仮)』(応募時タイトル:『下弦の刻印』)が大賞に決定しました。優秀賞には、予想できない展開で読ませる新藤卓広『秘密結社にご注意を(仮)』(応募時タイトル:『或る秘密結社の話』)、表現力と独特の世界観が評価を得た深津十一『童(わらし)石をめぐる奇妙な物語(仮)』(応募時タイトル:『石の来歴』)が選ばれました。経緯は最終選考委員による選評をご覧ください。

安生正関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

luckon9東京クライシス 内閣府企画官・文月祐美 安生正著この本を読んでいると登場人物と現実の政治家のキャラクターが重なるあまり、怒りがこみ上げてくること度々。重なってくるのは民主党の面々や東京都の特別顧問など様々です。無能な人間により… https://t.co/kLX37grNLX
fullp5555@takimotomtg ラノベ以外はあんまり読んでないけど、安生正のゼロシリーズは好き
ichihara1008このミスレーベルで本出してる安生正さんって、読ませるための技量は卓越してるけどびっくりするほど読者に突き刺す才能や視点が枯れ果ててる印象があって、ベテランの別PNなんじゃないかとわりと本気で思う
yurikovskyユリコフスキーさんは本を読むほうですよ(安生正の小説を開きながら)
wa_waa_waaaせいぞんしゃ (生存者)生存者ゼロ 安生正 https://t.co/jLCxpsyn95
trident1227本なら安生正さんのゼロシリーズがオススメです #peing #質問箱 https://t.co/EicrXie2ft
yfujita_mystery「このミステリーがすごい!四つの謎」(中山七里、海堂尊、乾緑郎、安生正著、宝島社)を読みました。「このミステリーがすごい」大賞受賞作家4人による書下ろし短編集。貸し切り特別寝台特急で起こった密室殺人事件を描いた「カシオペアのエンドロール」(海堂尊)は一捻りが効いている。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安生正さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)