トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 片山杜秀

片山杜秀

片山杜秀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

片山 杜秀(''かたやま もりひで''、1963年8月29日 - )は、日本の政治学者、音楽評論家。
専門は政治思想史。慶應義塾大学法学部教授。かつては本名の片山素秀名義で執筆していた。宮城県仙台市生まれ。育ちは東京で、小学校から高校まで暁星小学校・中学校・高等学校に通う。慶應義塾大学法学部政治学科卒、同大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。慶應では蔭山宏に師事。ただし大学院修士課程は慶應ではなく、橋川文三を慕って明治大学に行っている。専攻は政治思想史。学部時代は許光俊、宮崎哲弥と親しく、共に三田レコード鑑賞会に所属。クラシック音楽の話題に興じ、山本薩夫監督の映画『戦争と人間』ごっこなどをして遊んだという。その後、宮崎とは2000年にクラシック音楽専門誌『グラモフォン・ジャパン』(新潮社)の9月号巻頭で「僕らの時代のフルトヴェングラー」という対談をおこなっている。また、弁論部にも所属した。また後年に、原田力男主宰の「零の会」同人。
大学院時代からライター生活に入り、『週刊SPA!』のライター、『産経新聞』のクラシック音楽演奏会批評家、月刊誌『レコード芸術』のレギュラー執筆者などを務めた。特に『週刊SPA!』で1994年から2002年まで続いたコラム「ヤブを睨む」は、政治、歴史、右翼、演劇、映画、音楽、文学、スポーツなど、幅広い内容で一部でカルト的人気を得た。この400回以上のコラムは2010年に単行本化された。同時期には、ビジネス誌『ベンチャークラブ』に日本近代珍商売紹介、アニメ誌『MEGU』に新作洋画レヴュー、映画誌『プレミア』に「幻の日本映画探検隊」、『CDジャーナル』に「世紀末現代音楽講釈」など、10本以上の連載を抱えた。現在は『朝日新聞』の文芸時評とクラシック音楽評を担当する。また、吉田秀和賞と大宅壮一ノンフィクション賞と小林秀雄賞とサントリー音楽賞の選考委員を務める。2009年から2010年には読売新聞の読書委員を務めた。
思想史研究者としては、中今という概念、安岡正篤、三井甲之などを取り上げ、原理日本社を再検討する一部学界の動向に影響を与えた。音楽評論家としては、伊福部昭の再評価、大澤壽人の楽譜発掘、ナクソス・レーベルの日本作曲家選輯の企画構成などを行い、日本近代音楽史の読み直しをはかっている。またローム・ミュージック・ファンデーションによる戦前・戦中の日本のSPレコード復刻CD化に際して膨大な量の研究解説を執筆している。

受賞歴

片山杜秀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

片山杜秀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wellwellbeing1【変な、滑稽な、元号制定だった】抑えられなかった「第2の将軍」の勝手振る舞い。民主主義では許せない。 原武史氏、片山杜秀氏 https://t.co/iMF3kl31bH
inclusivefitmax攘夷思想を強める契機となったのはコレラと天然痘の流行 | 片山杜秀吉田松陰らの思想によって日本中が尊王攘夷になったわけではないこうした思想は難しくて一般の人には分からなかったなぜ西洋が日本に来ないほうがいいのかといえば、彼… https://t.co/Uho6RQ6RTX
synodos日本はいかに死んできたのか『国の死に方』著者・片山杜秀氏インタビューhttps://t.co/NZ3i6hjcB0
aogami_noboru新書『皇国史観』片山杜秀著#公明新聞電子版2020年07月06日付 https://t.co/Ow2qHddQgy https://t.co/xyk4QDFpis
kakuhatafanhttps://t.co/OuCDWDLrbVBOOK倶楽部▼角幡唯介、片山杜秀、本郷恵子、角田光代 ▼今月買った本 本上まなみ ▼著者は語る ▼新書時評
katsuta_seoあと個人的に大ファンの片山杜秀先生と佐藤優氏の対談もじっくり読み込みました。憲法改正がなくても、「要請」に進んで従う日本人の国民性への指摘が興味深かったです。世界的に見ても特異な日本モデルですが、たしかに自発的な翼賛とも言えますよね。
akinori_takato割に合わないものをどれだけ養えるか。そんな痩せ我慢の美徳は吹っ飛んだ。表向き、多様性は尊重されるが、儲からぬものは多様性のうちに入れてもらえなくなった。片山杜秀図書館の本がどれだけ貸し出されるかで評価されるという、馬鹿げた… https://t.co/Iz0itZL0JQ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
片山杜秀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)