トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 片山杜秀

片山杜秀

片山杜秀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

片山 杜秀(''かたやま もりひで''、1963年8月29日 - )は、日本の政治学者、音楽評論家。
専門は政治思想史。慶應義塾大学法学部教授。かつては本名の片山素秀名義で執筆していた。宮城県仙台市生まれ。育ちは東京で、小学校から高校まで暁星小学校・中学校・高等学校に通う。慶應義塾大学法学部政治学科卒、同大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。慶應では蔭山宏に師事。ただし大学院修士課程は慶應ではなく、橋川文三を慕って明治大学に行っている。専攻は政治思想史。学部時代は許光俊、宮崎哲弥と親しく、共に三田レコード鑑賞会に所属。クラシック音楽の話題に興じ、山本薩夫監督の映画『戦争と人間』ごっこなどをして遊んだという。その後、宮崎とは2000年にクラシック音楽専門誌『グラモフォン・ジャパン』(新潮社)の9月号巻頭で「僕らの時代のフルトヴェングラー」という対談をおこなっている。また、弁論部にも所属した。また後年に、零の会同人。
大学院時代からライター生活に入り、『週刊SPA!』のライター、『産経新聞』のクラシック音楽演奏会批評家、月刊誌『レコード芸術』のレギュラー執筆者などを務めた。特に『週刊SPA!』で1994年から2002年まで続いたコラム「ヤブを睨む」は、政治、歴史、右翼、演劇、映画、音楽、文学、スポーツなど、幅広い内容で一部でカルト的人気を得た。この400回以上のコラムは2010年に単行本化された。同時期には、ビジネス誌『ベンチャークラブ』に日本近代珍商売紹介、アニメ誌『MEGU』に新作洋画レヴュー、映画誌『プレミア』に「幻の日本映画探検隊」、『CDジャーナル』に「世紀末現代音楽講釈」など、10本以上の連載を抱えた。現在は『朝日新聞』の文芸時評とクラシック音楽評を担当する。また、吉田秀和賞と大宅壮一ノンフィクション賞とサントリー音楽賞の選考委員を務める。2009年から2010年には読売新聞の読書委員を務めた。
思想史研究者としては、中今という概念、安岡正篤、三井甲之などを取り上げ、原理日本社を再検討する一部学界の動向に影響を与えた。音楽評論家としては、伊福部昭の再評価、大澤壽人の楽譜発掘、ナクソス・レーベルの日本作曲家選輯の企画構成などを行い、日本近代音楽史の読み直しをはかっている。またローム・ミュージック・ファンデーションによる戦前・戦中の日本のSPレコード復刻CD化に際して膨大な量の研究解説を執筆している。

受賞歴

片山杜秀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

片山杜秀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Peirce39荻上チキ・Session-22 【特集】「“平成”の終わりまであと一年。今こそ考える“元号”の意味とは」鈴木洋仁×片山杜秀×荻上チキ https://t.co/ysUC5TMFAl #ラジオクラウド #TBSラジオhttps://t.co/ysUC5TMFAl
daigo_dada0815#今あなたの心を占めている人5位 樹木希林4位 片山杜秀3位 小松2位 ティール1位 ゲンロン_人人人人人人_> ゲンロン < ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄まあ刺激は受けてるけど。。 https://t.co/d0j5XJDkT5
sat_osawaこちら今週金曜日。ちなみに、片山杜秀さんはゲンロンカフェ初登場。尺がたっぷりあるうえに、片山さんがお相手ということもあって、他所ではまずありえない方向に転がるのではないかと。お楽しみに。 https://t.co/AKmmaij2JL
nash_bridges片山杜秀からの鈴木優人コンボは死体蹴りなんで、ちょっと休ませて。
nama_tsuyama今夜の「クラシックの迷宮」は歴史の講義っぽいところはなく、普通の、というか、片山杜秀先生個人の感想がつまった60分でした。たまにはこういう回もよいな。#nhkfm#クラシックの迷宮
NHK_FM21:00から『クラシックの迷宮 ▽わたしの試聴室』です。 https://t.co/FUahP8ED67 #nhkfm 片山杜秀
issaku14@sat_osawa 大澤さん、ありがとうございます。ゲンロンカフェの片山杜秀さんとのトークは行きたいと思っています。まだ生で見たことがないので、どういう話し方をするのかとか気になっています笑
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
片山杜秀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)