トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 1996年−第114回 芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)

1996年−第114回 芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第114回—1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.9.21 ビートたけし純愛小説「アナログ」 初めて自分で書いた

    お笑い界と映画界の巨匠が文学界に参入する。ビートたけしさん(70)が「こんな恋がしたい」という純愛を描いた小説「アナログ」を書き下ろした。著書は多数あるが「(詩集以外では)ゴーストライターではなく初めて自分で書いた」と告白。19日、東京都内で思いを語った。

  • 2017.9.6 【今週はこれを読め! エンタメ編】ごく短いシーンが心に残る沼田真佑『影裏』

    話術に長けている必要などない立場の人であっても気の利いたコメントを期待される風潮というのは、いつ頃から確立したのであろうか。

  • 2017.8.30 【今週はこれを読め! エンタメ編】サマセット・モームのスパイ小説『英国諜報員アシェンデン』

    私がスパイ志望だったことについては当欄の読者の方には周知の事実であろうから、これまでに取り上げたスパイものについてはいま一度、2014年11月12日や2015年3月11日更新のバックナンバーをご確認いただきたいと思う(嘘。私の夢想などはどうでもいいのですが、イアン・マキューアン『甘美なる作戦』や柳広司『ラスト・ワルツ』はたいへんおもしろい作品ですので、ぜひお読みになってみてください)。本書も同じくスパイが主人公の小説、しかもイギリスの大作家サマセット・モームによる古典作品だ。

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

youtetsu1030芥川賞と直木賞の違いは?賞金はたった○○円!!
namapoergmo1たけし芥川賞について「コネで貰うしかないな」たけしの言うとおりだ!芥川賞はコネ以外に貰う方法がない。かの太宰治だって芥川賞ほしくて、選考委員とコネ作ろうとした程だからな。(2012/1/21)
shincholive_bot『原色の街・驟雨(新潮文庫)』(吉行淳之介)【芥川賞受賞の名篇「驟雨」を含む初期傑作五編】女は自らの欲望に気づき、溺れていく……。憎悪、快感、嫉妬。 https://t.co/D8u16LblFf #ebook #電子書籍
u_nya_qma作家・古井由吉の芥川賞受賞作です
masurakusuo芥川賞選考に広がる波紋 本当に「日本人には対岸の火事」? 作家が込めた思いに迫る https://t.co/Jw93xAVTcn @satoruishidoさんから
suzuri1234芥川賞選考に広がる波紋 本当に「日本人には対岸の火事」なのか? 作家が込めた思いに迫る https://t.co/6gVjJDcSky @satoruishido @BuzzFeedJapanから他の書評も読んだけど、結局伝えたい内容が伝わりにくい本だったのかな
qnonsense「仏足石歌の芥川賞」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)