トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 2006年−第134回 芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)

2006年−第134回 芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第134回—2006年

受賞

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.4.25 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん

    2015年に「十七八より」で群像新人文学賞を受賞して作家デビュー、2018年に『本物の読書家』で野間文芸新人賞を受賞、今年は「最高の任務」で芥川賞にノミネートされ注目度が高まる乗代雄介さん。たくさんの実在の書物の題名や引用、エピソードが読み込まれる作風から、相当な読書家であるとうかがえる乗代さん、はたしてその読書遍歴は?

  • 2020.4.15 【今週はこれを読め! エンタメ編】痛快女子バディ物語『ピエタとトランジ〈完全版〉』登場!

    「痛快」という言葉がこれほど似合う小説に出会ったのは久しぶり。本書は連作短編集で、ふたりの女子(と呼んでいてもいいのかどうかわからない年齢になるまで彼女たちの仲は続いていくのだけれど)のクールで熱い物語が展開していく。

  • 2020.3.28 作家の読書道 第216回:青山七恵さん

    大学在学中に書いて応募した『窓の灯』で文藝賞を受賞してデビュー、その2年後には『ひとり日和』で芥川賞を受賞。その後「かけら」で川端康成賞を受賞し、短篇から長篇までさまざまな作品を発表している青山七恵さん。衝撃を受けた作品、好きな作家について丁寧に語ってくださいました。

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

haruwobot(菊池寛が)亡友の盟友の一人として吾輩を芥川賞委員の一人に加へ、吾輩もそれを知つてこれに参加したのだから、生前十分に芥川の友情に対してむくい得なかつたうらみのないでもない吾輩は、せめては菊池のこの挙を通してでも亡友に応へたいといふ気があつて委員を引受けた「緑陰の清風を見捨てて」
kinrough<50%ポイント還元・実質300円!>「影裏」沼田 真佑 (著) 第157回芥川賞受賞作。綾野剛・松田龍平で映画化!大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。樹々と川の彩りの中に、崩壊の予兆と人知れぬ思いを繊細に描き出す… https://t.co/iysJuR0l3B
ORCAMKdZRzbTNox日本共産党の過去の過ちは芥川賞受賞作[されど われらが日々──]と云う柴田翔の作品に その一端が垣間見得ます。けれど 内部改革をして 今の 変に聴こえますが民主的な 共産党に なっています。小説のご一読を。
metomiyu@wakuwak3024 最近読んだのはむらさきのスカートの女。芥川賞のやつ。鍵のない夢を見る。こちらは直木賞。あとは湊かなえ作品が好きです。また、同じ夢を見ていた。も好きです。
MyDearOldFilms2000年『いちげんさん』:原作デビット・ゾペティ 芥川賞候補作。出演エドワード・アタートン,鈴木保奈美,中田喜子。舞台は京都,大学で日本文学を学ぶスイス人の「僕」。外国人ながら日本文学を音読するボランティアの「僕」と盲目の京子との恋物語。
yasumin_shieldこうゆうネタほかにもあんのかな。いわゆる古典文学じゃなくってわりと最近の芥川賞作品なのにうけてしまったんだけど。ジャスミン!!わたしもスクラップ・アンド・ビルドなら読んだよ!!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)