トップページ > 公募ではない賞一覧 > 野間文芸賞 > 2001年−第54回 野間文芸賞

野間文芸賞

2001年−第54回 野間文芸賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

野間文芸賞(のまぶんげいしょう)は講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する文学賞。純文学の小説家・評論家に授与される。野間三賞のうちの一つ。

第54回—2001年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

野間文芸賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.11.7 野間4賞、「文芸賞」は松浦寿輝『人外』に

    野間文化財団が11月6日に発表。第72回「野間文芸賞」に、松浦寿輝『人外』(講談社)、第41回「野間文芸新人賞」に、古谷田奈月『神前酔狂宴』(河出書房新社)と千葉雅也『デッドライン』(「新潮」2019年9月号)、第57回「野間児童文芸賞」に戸森しるこ『ゆかいな床井くん』(講談社)を選出した。

  • 2017.11.10 野間文芸賞:高村薫さん「土の記」が受賞

    第70回野間文芸賞(野間文化財団主催)が10日、高村薫さん(64)の「土の記」(新潮社)に決まった。

  • 2017.3.1 作家の林京子さん死去 原爆文学の傑作「祭りの場」

    「祭りの場」をはじめ、原爆文学の傑作を世に送り出し、「8月9日の語り部」とも呼ばれた作家の林京子(はやし・きょうこ、本名宮崎京子〈みやざき・きょうこ〉)さんが2月19日、死去した。86歳だった。葬儀は近親者で行った。

野間文芸賞関連つぶやき

yurubngkbot野間文芸新人賞講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。新人作家による小説を対象とする。文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。1941年(S16)~現在
mako_flappeSNS普及に危機感を覚える小説家は少なくないと私も思います。(ご参考まで)11/7発売の雑誌『文學界』12月号の最後のページにあります《 松浦寿輝さん:詩人、小説家、フランス文学者、批評家、東京大学名誉教授 》先日、第72回野間文芸賞(受賞作:人外(にんがい)」を受賞。
GOGOdai5週刊読書人 対談 與那覇潤✖️石戸諭/與那覇潤✖️安田峰俊「歴史がおわる世界から、もう一度」読了。ポピュリズムは歴史が参照されず近視眼的になりがちという対談内容は、ツイッターランドに暮らしていると実感としてよくわかる。… https://t.co/R4jmYFCJJQ
boraras1024野間文芸新人賞って「のまぶんげいしんじんしょう」って読むんだと思ってたら、その通りだった
libro_jp「出発点に戻った」 野間文芸賞の松浦寿輝さん https://t.co/JcHl5ZxMSP
piiijiii_3純文学でいちばんメジャーというか信用できるというか、まぁそういう賞ってなんだろ。野間文芸賞ですかやっぱり?三島賞?芥川賞?なんだ?そこらへんあんまり詳しくない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)