トップページ > 公募ではない賞一覧 > 吉川英治文学新人賞 > 歴代受賞情報一覧

吉川英治文学新人賞

吉川英治文学新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

吉川英治文学新人賞(よしかわえいじぶんがくしんじんしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞。以降年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円と置時計が授与される。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近い受賞者も存在する。

第34回2013年

受賞

受賞

第33回2012年

受賞

第32回2011年

受賞

第31回2010年

受賞

受賞

第30回2009年

受賞

受賞

第29回2008年

受賞

第28回2007年

受賞

第27回2006年

受賞

第26回2005年

受賞

受賞

第25回2004年

第24回2003年

受賞

受賞

第23回2002年

第22回2001年

受賞

第21回2000年

受賞

第20回1999年

受賞

第19回1998年

受賞

第18回1997年

受賞

受賞

第17回1996年

受賞

第16回1995年

受賞

受賞

第15回1994年

受賞

受賞

第14回1993年

受賞

第13回1992年

第12回1991年

受賞

受賞

第11回1990年

受賞

第10回1989年

受賞

受賞

第9回1988年

第8回1987年

受賞

第7回1986年

受賞

第6回1985年

受賞

第5回1984年

受賞

第4回1983年

受賞

受賞

第3回1982年

第2回1981年

受賞

受賞

第1回1980年

受賞

受賞

吉川英治文学新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.2.22 作家の読書道 第215回:相沢沙呼さん

    『medium 霊媒探偵城塚翡翠』が2019年末発表のミステリランキングで3冠を達成、今年は同作が2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補となり、さらに『小説の神様』(講談社タイガ)が映画化されるなど、話題を集める相沢沙呼さん。そんな相沢さんが高校生の時に読んで「自分も作家になりたい」と思った作品とは? 小説以外で影響を受けたものは? ペンネームの由来に至るまで、読書とその周辺をたっぷりおうかがいしました。

  • 2019.4.17 宮野真守が太宰作品の主演に決定!『人間失格』を原案とした劇場アニメ公開決定

    太宰治の小説『人間失格』を原案にした劇場アニメ『HUMAN LOST 人間失格』が公開されることが明らかに。主演を宮野真守が務めるとあって、「太宰作品と宮野さんの組み合わせは気になる」「近未来SFって感じだけどどうなっちゃうの!?」と注目を集めている。

  • 2019.1.31 第4回「吉川英治文庫賞」、第40回「同文学新人賞」候補作品決まる

    講談社が1月30日、発表した。3月4日に第53回「吉川英治文学賞」、第53回「同文化賞」と合わせて受賞者を発表する。候補作は次の通り。

吉川英治文学新人賞関連つぶやき

mys_sus_bot【スロット】第18回吉川英治文学新人賞を受賞した、作家・馳星周のデビュー作は?→不夜城
yomyom_book【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最… https://t.co/Ipcpxe6ZHi
yurubngkbot吉川英治文学新人賞公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞。以降年1回発表されている。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近い受賞者も存在する。1980年(S55)~現在
raisen_bot2_qmaNo.299 次の大沢在昌の小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒新宿鮫 無間人形―直木賞、感傷の街角―小説推理新人賞、新宿鮫―吉川英治文学新人賞
chuko_bungei『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞を受賞し、ぼろ鳶組やくらまし屋のシリーズで人気の作家・今村翔吾さんが、読売新聞オンラインで連載中です。「幸村を討て」、読売新聞購読者の方は、登録をすれば、無料でお読みいただけます。 #今村翔吾 https://t.co/x5h9aDqs7U
borotobi今村翔吾先生の「じんかん」を一挙掲載した小説現代4月号5月号では、今村翔吾先生が「八本目の槍」で受賞した吉川英治文学新人賞の特集が組まれています各先生方の選評ぜひ読んでもらいたいさらに特集、「今村翔吾への30の質問状」興… https://t.co/vkfVh9tRbP
qma_LS_slo_bot第18回吉川英治文学新人賞を受賞した、作家・馳星周のデビュー作は?→不夜城(58%)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)