トップページ > 公募ではない賞一覧 > 谷崎潤一郎賞 > 1975年−第11回 谷崎潤一郎賞

谷崎潤一郎賞

1975年−第11回 谷崎潤一郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞(1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。
時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として時計、副賞として100万円が授与される(なお、当初の正賞は賞牌で、副賞は第15回まで50万円だった)。

第11回—1975年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

谷崎潤一郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷崎潤一郎賞関連つぶやき

yurubngkbot谷崎潤一郎賞中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。1965年(S40)~現在
qmabungaku【四択】日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した作家は川端康成ですが2番目にノーベル文学賞を受賞した作家は?1.川端康成2.谷崎潤一郎3.大江健三郎4.開高健→3.大江健三郎
bibun_n_botNo.130 (エフェ)小説「帰らざる夏」で谷崎潤一郎賞を受賞しました⇒かがおとひこ(加賀乙彦)
raisen_bot2_qmaNo.61 次の文学賞と、その主催者の正しい組み合わせを選びなさい⇒谷崎潤一郎賞―中央公論新社、山本周五郎賞―新潮文芸振興会、大佛次郎賞―朝日新聞社
kodanshabunko【本日 #アイスクリームの日】川上未映子著『愛の夢とか』ピアノの音に誘われて始まった女どうしの交流を描く表題作。別れた恋人との約束の植物園に向かう「日曜日はどこへ」他、なにげない日常の中でささやかな光を放つ瞬間を美しい言葉で綴る。… https://t.co/MU1pNaoV6k
lousism【雑談】例えば各国の権威ある◯◯賞を取った作品、というのはそれだけで海外に対してその国を背負って翻訳され得る存在になれるだろう。けれど日本の場合、純文学賞で一番権威がある(ように思われている)芥川賞はあくまで「新人賞」なのである。では、谷崎潤一郎賞なら日本文学を背負えるのか?
nippyo【新刊】『絲的ココロエ 「気の持ちよう」では治せない』#絲山秋子/著#双極性障害Ⅰ型発症から20年!芥川賞、谷崎潤一郎賞受賞作家の著者が、長年この病とどうつき合ってきたか、加齢、発達障害、依存、女性性、ハラスメントなども綴る貴… https://t.co/kxTtuOmPy4
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)