トップページ > 公募ではない賞一覧 > 谷崎潤一郎賞 > 歴代受賞情報一覧

谷崎潤一郎賞

谷崎潤一郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞(1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。
時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として時計、副賞として100万円が授与される(なお、当初の正賞は賞牌で、副賞は第15回まで50万円だった)。

第48回2012年

第47回2011年

受賞

第46回2010年

受賞

第45回2009年

受賞

  • 該当なし

第44回2008年

受賞

第43回2007年

受賞

第42回2006年

受賞

第41回2005年

受賞

受賞

第40回2004年

受賞

第39回2003年

受賞

第38回2002年

受賞

  • 該当なし

第37回2001年

受賞

第36回2000年

受賞

受賞

第35回1999年

受賞

第34回1998年

受賞

第33回1997年

受賞

受賞

第32回1996年

受賞

  • 該当なし

第31回1995年

受賞

第30回1994年

受賞

第29回1993年

第28回1992年

受賞

第27回1991年

第26回1990年

第25回1989年

受賞

  • 該当なし

第24回1988年

受賞

  • 該当なし

第23回1987年

受賞

第22回1986年

受賞

第21回1985年

第20回1984年

受賞

受賞

第19回1983年

受賞

第18回1982年

受賞

第17回1981年

受賞

第16回1980年

受賞

第15回1979年

受賞

第14回1978年

受賞

第13回1977年

受賞

第12回1976年

受賞

第11回1975年

受賞

第10回1974年

受賞

第9回1973年

受賞

第8回1972年

受賞

第7回1971年

受賞

第6回1970年

受賞

受賞

第5回1969年

第4回1968年

受賞

  • 該当なし

第3回1967年

受賞

第2回1966年

受賞

第1回1965年

受賞

谷崎潤一郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷崎潤一郎賞関連つぶやき

yurubngkbot谷崎潤一郎賞中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。1965年(S40)~現在
qmabungaku【四択】日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した作家は?1.川端康成2.大江健三郎3.谷崎潤一郎4.開高健→1(かわばた やすなり)
kurotuki_2大佛(おさらぎ)次郎賞- 朝日新聞社すばる文学賞- 集英社谷崎潤一郎賞- 中央公論新社 https://t.co/b9BpGWGcR9
An_nandeya_bot[語]1958年から62年の間に4度もノーベル文学賞の候補になっていたという、『細雪』などの代表作で知られる日本の作家は誰? 谷崎潤一郎
raisen_bot2_qmaNo.61 次の文学賞と、その主催者の正しい組み合わせを選びなさい⇒谷崎潤一郎賞―中央公論新社、山本周五郎賞―新潮文芸振興会、大佛次郎賞―朝日新聞社
qma_bibun_bot文字 ・1967年に第三回谷崎潤一郎賞を受賞した大江健三郎の小説→万延元年(のフットボール)
bookm42講義で川端康成さんののノーベル文学賞受賞の経緯を知って、「へ~!」ってなりました
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)