トップページ > 公募ではない賞一覧 > 伊藤整文学賞小説部門 > 2002年−第13回 伊藤整文学賞小説部門

伊藤整文学賞小説部門

2002年−第13回 伊藤整文学賞小説部門の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

伊藤整文学賞(いとうせいぶんがくしょう)は、地元・小樽市出身の文学者伊藤整没後20年を契機に、1990年に創設された文学賞である。
創設された文学賞は、小説と評論の2部門があり、4月1日を基準日として前1年間に発表された日本語で書かれた作品(小説、評論)から選出、受賞者には斎藤吉郎作「カモメ呼ぶ少女」のブロンズ像・副賞100万円を贈呈された。
主催団体は、伊藤整文学賞の会・小樽市・北海道新聞社から構成され、会事務局は小樽市教育委員会に置かれた。
2012年10月、主催している小樽市の資金難などから2014年の第25回を以って終了することを発表。
2014年5月8日、最後となる第25回受賞作を発表。同年6月13日、小樽市内にて催行された授賞式を以って、全ての活動を終了した。

第13回—2002年

参考情報:受賞式風景

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

伊藤整文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤整文学賞小説部門関連つぶやき

ToCyc64HCvNoTgg昨日ラジオで「伊藤整文学賞」というものを知って伊藤星じゃん!ってなったけどまさかその日に悲しい発表聞くことになるとはね
symphonycogitoあらためて思うんだけど、『日本文学盛衰史』が伊藤整文学賞を受賞しているのジワジワくる。
hiro_endo_aki説明『シンセミア』は、2003年に朝日新聞社から刊行された阿部和重の上下2巻にわたる長篇小説。2004年に、第15回伊藤整文学賞小説部門、第58回毎日出版文化賞第1部門を受賞。阿部和重の代表作のひとつとされる。 ウィキペディア
miyugreen阿部和重の神町サーガの作品。第一部がシンセミア (伊藤整文学賞受賞)第二部がピストルズ (谷崎潤一郎賞受賞)第三部がOrga(ni)sm 外伝がニッポニアニッポン (芥川賞、三島賞候補)グランド・フィナーレ(芥川賞受賞)
pinokinonineなんか知らんが川端康成と三島由紀夫と伊藤整の対談してる動画を見ていた。川端康成のノーベル賞受賞決定の翌日に収録されたらしいけど、三島が「今は文学ってものが本当に必要なのか疑問視されてる」みたいなことを言ってて、この時代でもそうかねと
isetsuyoshi文芸評論家の加藤典洋さん死去 「敗戦後論」など:朝日新聞デジタル https://t.co/aCFEjb6Tg3《「言語表現法講義」で新潮学芸賞。「敗戦後論」では伊藤整文学賞を受賞》合掌。
asahi文芸評論家の加藤典洋さん死去https://t.co/OJtZ9DVHOt 「言語表現法講義」で新潮学芸賞。「敗戦後論」では伊藤整文学賞を受賞した。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)