トップページ > 公募ではない賞一覧 > 大藪春彦賞 > 2013年−第15回 大藪春彦賞

大藪春彦賞

2013年−第15回 大藪春彦賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

大藪春彦賞(おおやぶはるひこしょう)は、大藪春彦賞選考委員会が主催し、徳間書店が後援する大藪春彦を記念した文学賞。ハードボイルド小説・冒険小説に分類される小説に与えられる。賞金は300万円。略称は大藪賞。
本賞が第20回を迎えるのを記念し、大藪春彦新人賞が創設される。

第15回—2013年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

大藪春彦賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.12.28 作家の読書道 第213回:河﨑秋子さん

    東北と北海道で馬と暮らす人々を描いた物語『颶風の王』で注目され、単行本第二作『肉弾』で大藪春彦賞を受賞、新作短編集『土に贖う』も高い評価を得ている河﨑秋子さん。北海道の酪農一家で育ち、羊飼いでもあった彼女は、どんな本を読み、いつ小説を書きはじめたのか。これまでのこと、これからのことを含め、たっぷりと語っていただきました。

  • 2019.11.23 作家の読書道 第212回:呉勝浩さん

    2015年に『道徳の時間』で江戸川乱歩賞を受賞、2018年には『白い衝動』で大藪春彦賞を受賞。そして新作『スワン』が話題となり、ますます注目度が高まる呉勝浩さん。小学生のうちにミステリーの面白さを知り、その後は映画の道を目指した青年が再び読書を始め、小説家を目指した経緯は? 気さくな口調を脳内で再現しながらお読みください。

  • 2019.7.27 作家の読書道 第208回:葉真中顕さん

    日本ミステリー大賞を受賞したデビュー作『ロスト・ケア』でいきなり注目を浴び、今年は『凍てつく太陽』で大藪春彦賞と日本推理作家協会賞を受賞した葉真中顕さん。社会派と呼ばれる作品を中心に幅広く執筆、読書遍歴を聞けば、その作風がどのように形成されてきたかがよく分かります。デビュー前のブログ執筆や児童文学を発表した経緯のお話も。必読です。

大藪春彦賞関連つぶやき

yurubngkbot大藪春彦賞大藪春彦賞選考委員会が主催し、徳間書店が後援する大藪春彦を記念した文学賞。ハードボイルド小説・冒険小説に分類される小説に与えられる。1999年(H11)~現在
Takemi0624年に一度の定休日(ビルの停電検査)と棚卸、そして芥川賞、直木賞、大藪春彦賞、本屋大賞のノミネート作発表が全部同じ週になるだなんて…
liferens福井晴敏/道尾秀介/垣根涼介/沼田まほかる → 大藪春彦賞
qmajun1文学賞の制定順日本推理作家協会賞(1948)→江戸川乱歩賞(1955)→吉川英治文学新人賞(1980)→横溝正史賞(1981)→鮎川哲也賞(1990)→松本清張賞(1994)→メフィスト賞(1996)→大藪春彦賞(1999)
mys_sus_bot【文字パネル】2011年に第13回大藪春彦賞を受賞した平山夢明の小説は?→ダイナー
QMA_Mys_Bot2[スロット]殺人事件に巻き込まれた2組の家族を描いた、2010年に大藪春彦賞を受賞した道尾秀介の小説は? → 龍神の雨 ※同一リールに「約束の地」「光媒の花」「球体の蛇」。「球体の蛇」以外は出題確認済みなので、一応チェックしとくといいかも
QMA_Mys_Bot1[順当て]次の馳星周の小説を刊行された順に選びなさい → 『不夜城』→『鎮魂歌』→(『夜光虫』→)『漂流街』→『雪月夜』→『生誕祭』→『長恨歌』 ※()内は未確認。スロットで『不夜城』(吉川英治文学新人賞or日本冒険小説協会大賞)と『漂流街』(大藪春彦賞)が出題されます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)