トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 樋口直哉 > さよなら アメリカ

さよなら アメリカ(樋口直哉)

さよなら アメリカ(著者:樋口直哉)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:さよならアメリカ
  • 著者:樋口 直哉
  • ページ数:198
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062130262
  • ISBN-13:9784062130264

樋口直哉新刊

  • 発売日
    2018年5月15日
  • 書名
    星ヶ丘高校料理部 偏差値68の目玉焼き (講談社文庫)

さよなら アメリカ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】中2男子のおバカな友情物語〜黒瀬陽『別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや』

    "男子がいちばん愚かしいのは中学時代、女子は高校時代"というのが私の持論だ。私の弟や息子たちを観察した結果&自らの来し方を振り返っての反省をふまえての見解である。さらに補足すると、"男子のバカは概ね低レベル、女子のバカは小賢しさを伴うものである"という気がしている。本書の主人公・小林とその仲間たちは中学2年生、まさに脂ののったおバカたちだ。

  • 2018.7.4 【今週はこれを読め! エンタメ編】男の心情が描かれた作品集〜山内マリコ『選んだ孤独はよい孤独』

    どちらかというと私は"男だから○○""女だから□□"という分け方に関心がなく、"結局は個人差ではないか"と考えているが、そうはいっても男女の違いというものが存在することは理解しているつもりである。以前ある作家による"完全に男子しかいない空間において、異性の目を意識していない彼らがどんなことをしゃべっているかを聞いてみたい"といった内容のエッセイを読んだことがあるけれども、ひとりでも異性が含まれる場においては確かに自分も無意識に話す内容を変えているのかも、と思い至った。

  • 2018.6.23 作家の読書道 第195回:伊吹有喜さん

    『四十九日のレシピ』、『ミッドナイト・バス』、『なでし子物語』など心温まる作品を発表、最近では直木賞候補にもなった『彼方の友へ』も話題となった伊吹有喜さん。幼い頃から読書家だった彼女の愛読書は? 時代小説にハマったり、ミステリ小説を応募していたりと、現在の作風からすると意外にも思える変遷を教えてくれました。

樋口直哉のその他受賞歴(候補含む)

さよなら アメリカ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eiga_mei_saku✩大人ドロップ✩池松壮亮/橋本愛ほか「さよなら アメリカ」などの人気作家・樋口直哉の小説が原作の青春ドラマ。いいようのない焦燥や不安を抱える4人の高校3年生が、思春期を脱していく姿を見つめる。 https://t.co/jA7B3hyFMP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)