トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 安田依央 > たぶらかし

たぶらかし(安田依央)

たぶらかし(著者:安田依央)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:たぶらかし
  • 著者:安田 依央
  • ページ数:256
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087713903
  • ISBN-13:9784087713909

安田依央新刊

  • 発売日
    2017年12月22日
  • 書名
    出張料亭おりおり堂 - ほろにが鮎と恋の刺客 (中公文庫)
  • 発売日
    2017年10月20日
  • 書名
    出張料亭おりおり堂1 (中公文庫)

たぶらかし関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.3.18 小町初の連載小説 31日スタート…安田依央さん

    「大手小町」15周年を記念し、この春、初の連載小説がスタートします。筆者は、作家であり、司法書士でもある安田依央(いお)さん。「出張料理・おりおり堂」と題された作品は恋愛あり、謎解きあり。さらに旬のおいしいお料理まで登場すると聞き、小町さんが執筆まっただ中の安田さんにインタビューしてきました。

  • 2012.3.26 単行本不振、ゆらぐ慣行 小説「文庫」が主戦場

    旧作を早めに 「いきなり」浸透 出版不況下で文芸書の単行本の売れ行きが伸び悩む中、出版各社が文庫の充実に力を入れている。既刊作品が文庫化されるスピードが速まり、単行本を経ずに新作を「いきなり」投入するスタイルも広がる。低価格と優れた携帯性が読者に支持されており「小説の主戦場」と化している。

たぶらかし関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp主人公は元劇団員の冬堂マキ39歳。大学を出て就職もしないで劇団に入ったものの演劇に見切りをつけたマキが「役者募集」という張り紙につられて見つけた働き口はORコーポレーションとい… 『たぶらかし/安田依央/集英社』 https://t.co/fbbEmahvRD #本が好き
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)