トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 本谷有希子 > ぬるい毒

ぬるい毒(本谷有希子)

ぬるい毒(著者:本谷有希子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ぬるい毒
  • 著者:本谷 有希子
  • ページ数:133
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103017740
  • ISBN-13:9784103017745

ぬるい毒関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

本谷有希子のその他受賞歴(候補含む)

ぬるい毒関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

straight_life舞台「ぬるい毒」の公演DVDありまーす。【特】なんと未開封です!夏菜、池松壮亮、板橋駿谷、礼内幸太、新倉健太、高橋周平、吉田大八、本谷有希子さん。 https://t.co/anb0OErU4c
kotonoha0127笑われるのはそれほどのことじゃない、むしろ慣れてしまえば病み付きになってしまうんだ、と。分からなかったとしたら、それはあなたがまだ経験していないからだ。段々と、笑われているくせに生きている自分に、人間は不思議な愛おしさを感じるようになる。(『ぬるい毒』本谷有希子)
kyk_ksk【本棚登録】『ぬるい毒 (新潮文庫)』本谷 有希子 https://t.co/MpfzIzgm57 #booklog
Patchouli_3D【ぬるい毒(本谷有希子著・新潮文庫)】ちょっとした空き時間があったので、先ほど書店で購入。人の感情を弄ぶろくでもない男に引っ掛かったフリをする女の話。フェミニストじゃないけど、女をよってたかって笑い者にする向伊とその金魚の糞はどうも好かんな。くそみそに痛い目見ればよかったのに。
qmabungaku【線結び】次の第145回芥川賞の候補となった小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい[A.ニキの屈辱|B.あめりかむら|C.ぬるい毒][1.山崎ナオコーラ|2.石田千|3.本谷有希子]→A-1、B-2、C-3
decohico舞城王太郎の『淵の王』の怖さ、『ビッチマグネット』の〈ビッチ〉にも似た怖さ、本谷有希子『ぬるい毒』みたいな怖さ、月並みな表現だと「いちばん怖いのは人間」みたいな怖さ、が好きだけど本当に怖くてなかなか読めない
oroshisshi『雨のなまえ』窪美澄『眠れぬ夜は体を脱いで』彩瀨まる『折れた竜骨』米澤穂信『密やかな結晶』小川洋子『宝石鳥』鴇澤亜己子『屍者の帝国』円城塔/伊藤計劃『死の泉』皆川博子『konw』野﨑まど『ひきこもりの弟だった』葦舟… https://t.co/o70SJl8Wrf
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)