トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 窪美澄 > ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た(窪美澄)

ふがいない僕は空を見た(著者:窪美澄)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ふがいない僕は空を見た
  • 著者:窪 美澄
  • ページ数:232
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103259213
  • ISBN-13:9784103259213

窪美澄新刊

  • 発売日
    2017年5月25日
  • 書名
    水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)
  • 発売日
    2017年5月10日
  • 書名
    恋愛仮免中 (文春文庫)
  • 発売日
    2017年3月24日
  • 書名
    やめるときも、すこやかなるときも

ふがいない僕は空を見た関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

窪美澄のその他受賞歴(候補含む)

ふがいない僕は空を見た関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rairen_bot1:元はフリーの編集者・ライター 2:「ミクマリ」でR-18文学賞大賞 3:2011年の山本周五郎賞受賞者 4:「ふがいない僕は空を見た」 A:窪美澄
eastendragon窪美澄『ふがいない僕は空を見た』読了。不妊治療に悩む主婦と不倫する男子高校生。その男に片思い中の女子高生に、恋愛とは無縁にならざるを得ない男子高校生。いろんな立場から“性”を書いた群像劇。一つの話を違う立場から表現することによって、話がより立体的になっていました。(続きます)
of_the_novelばかな恋愛したことない人なんて、この世にいるんすかねー。ー窪美澄『ふがいない僕は空を見た』
shincholive_bot『晴天の迷いクジラ』(窪美澄)『ふがいない僕は空を見た』の感動から一年半。ますます心に突き刺さる最新長編!https://t.co/KnE2H02sOG #ebook #電子書籍
book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
voreksher窪美澄の『ふがいない僕は空を見た』色んな生立ち、環境、出逢い、経験、によって人は形成されてくと思う。その中でどう強く生き延びて行くかを教えてくれる様な内容の本!人の生かされてく時間は寿命であったり運命ってわしも共感です。後半… https://t.co/GjVb8BOJb9
boookdouどこからか、一匹のトンボが飛んできて、スプーンを持つあたしのひとさし指にとまり、また、どこかに飛んでいった。夏はもうすぐ終わる。(ふがいない僕は空を見た/窪美澄)https://t.co/IR6VGyzjxB #小説 #心に残る言葉
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)