トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆 > わたしのグランパ

わたしのグランパ(筒井康隆)

わたしのグランパ(著者:筒井康隆)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:わたしのグランパ (文春文庫)
  • 著者:筒井 康隆
  • ページ数:152
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4167181118
  • ISBN-13:9784167181116

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2019年4月25日
  • 書名
    文学2019
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    トラウマ文学館 (ちくま文庫)
  • 発売日
    2018年12月25日
  • 書名
    ウィークエンド・シャッフル (角川文庫)

わたしのグランパ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

筒井康隆のその他受賞歴(候補含む)

わたしのグランパ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1IWMeC3chd1uwwLジュブナイル小説系統だと、わたしのグランパわりと最近読んだのだ。声に出して読みたいみずみずしい文章と香る筒井さん特有のハードボイルド感とでもいえばいいのか、やさしめな文体でありながらどうしても思わず筒井康隆的な色気を感じてニヤってしてしまうのだ……。もはや正常な判断ができないのだ
kakidasibot珠子が「囹圄」という文字を見たのは八歳の時で、その時はまだ祖母が家にいた。「わたしのグランパ」筒井康隆
_hikaru_xoxo『わたしのグランパ』筒井康隆刑務所帰りの祖父・五代謙三ことゴダケンが中学生の珠子の周りの問題を破天荒に解決していく。侠気あふれるゴダケンがとにかく渋くてかっこいい。「一本筋の通った」という表現がまさに相応しい任侠の人。そんな… https://t.co/GxEClqzcDG
Asobi_Q_ArchiveQ.中学校でいじめの被害に苦しむヒロイン・珠子の祖父である刑務所帰りの主人公・五代謙三を菅原文太が演じ、これが彼にとって最後の映画主演作品となった、筒井康隆の小説を原作とする2003年公開の日本映画は何でしょう?A.『わたしのグランパ』
ten_soba_ryoma世の中が筒井康隆の「わたしのグランパ」的世界になりつつあるのを感じる。発表当時は十分SFだったのだが、今はもう現実になっていると感じるし、部分的にはよりひどい状態になっているとも感じる。恐ろしい。
_maririririまろびでる、という表現を見たのは筒井康隆のわたしのグランパ以来だ。確か、まろびでる乳房、と続いたかな。
aiaicyan【わたしのグランパ (文春文庫)/筒井 康隆】を読んだ本に追加 → https://t.co/SDYzUcCjLH #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)