トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 円城塔 > オブ・ザ・ベースボール

オブ・ザ・ベースボール(円城塔)

オブ・ザ・ベースボール(著者:円城塔)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:オブ・ザ・ベースボール
  • 著者:円城 塔
  • ページ数:153
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163267301
  • ISBN-13:9784163267302

円城塔新刊

  • 発売日
    2018年9月5日
  • 書名
    シャッフル航法
  • 発売日
    2018年8月28日
  • 書名
    チュートリアル (Kindle Single)
  • 発売日
    2018年7月31日
  • 書名
    文字渦

オブ・ザ・ベースボール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.8.7 【今週はこれを読め! SF編】至高のミリグラム、赤ちゃんのエネルギー化、人造美人の広告

    こんな奇想小説家がいたとは! SF風のガジェットを用いたもの、メタフィジカルなもの、皮肉な風刺が効いた作品、宗教的含意がこめられた小品、さまざまな手ざわりの二十八篇が収録されている。どれもごく短い。

  • 2018.7.24 【今週はこれを読め! SF編】メタモルフォーシスと魅入られた者の情念

    夏の楽しみは、東雅夫さん編の怪奇・幻想短篇集が読めることだ。2012年の泉鏡花『おばけずき』からはじまった平凡社ライブラリーの文豪怪異小品シリーズも、本書で7冊目となる。幻想短篇集はナイトテーブルにおいて、毎晩一篇ずつ、銘酒を味わうようにゆっくり読むのが理想だが、谷崎の文章の口当たりの良さにページをめくる手がとまらず、一気に読みあげてしまった。

  • 2018.6.11 【今週はこれを読め! SF編】ヒロタカ レア・トラックス!

    これは嬉しい一冊! 飛浩隆といえば、日本SF大賞を二度受賞した唯一の作家(2018年現在)であり、それどころか出した本すべてが同賞候補になった凄玉。だが、いかんせん寡作であり、ぼくと同年代のファンのなかには「飛さんの次の本が出るまでは死ねない!」とさまざまな健康法を試みている者までいる。

円城塔のその他受賞歴(候補含む)

オブ・ザ・ベースボール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bonopan2『アウトレイジ』三部作、『屍者の帝国』、『シェイプ・オブ・ウォーター』を借りてきました。『屍者の帝国』の原作は、伊藤計劃氏の逝去後に円城塔氏が引き継ぐ形で完成させた小説なんですね。先ほど知りました。
rokuroku56円城塔「オブ・ザ・ベースボール」文春文庫、読了。この人の作品はもっと読みたいと思わせるものがある。筒井康隆に感じていたものと似ている。
ISHIMORI_t野球の季節なので今まで読んだ本格野球小説ベスト3を発表します。『ユニバーサル野球協会』ロバート・クーヴァー『素晴らしいアメリカ野球』フィリップ・ロス『オブ・ザ・ベースボール』円城塔
2Y5Mg今日から4日間、円城塔先生の授業を受けてきます。楽しみオブ楽しみ。
sophia_reneko『これはペンです』円城塔『オブ・ザ・ベースボール』のときも思ったけど、ボルヘス好きなんだろうなぁ
no_on_air【読了】『オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)』円城 塔 https://t.co/BS2o2YrFSG
Mossan0719【オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)/円城 塔】を読んだ本に追加 → https://t.co/02tLKyuOVF #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)