トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 円城塔 > オブ・ザ・ベースボール

オブ・ザ・ベースボール(円城塔)

オブ・ザ・ベースボール(著者:円城塔)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:オブ・ザ・ベースボール
  • 著者:円城 塔
  • ページ数:153
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163267301
  • ISBN-13:9784163267302

円城塔新刊

  • 発売日
    2018年12月18日
  • 書名
    怪談専門誌 幽 VOL.30 (カドカワムック 763)

オブ・ザ・ベースボール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

円城塔のその他受賞歴(候補含む)

オブ・ザ・ベースボール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pf_kyon小田扉の『ブリトビラロマンSF』とか、円城塔の『オブ・ザ・ベースボール』とか、奇妙な習慣のある架空の街の話が自分は好きなんだなあ。
advsry1円城塔、大丈夫なんかな。前にも書いたがガチで心配な感じがする。オブ・ザ・ベースボールとつぎの作者に続くの二冊しか読んではいないんだけど、確か、祖母の臨終の頃に読んだので印象に残っている。「R氏」ってRichard D. James… https://t.co/fw110wUHcI
hikatteiruno円城塔『オブ・ザ・ベースボール』円城さんの作品は、短編をいくつか読んだことがあって、その度に、興味をそそられながらも、私には難しすぎるのではないか、と躊躇していた。今回が初めての、単行本への挑戦となる。
hashida_toyoya昨日買ったのはムージル『特性のない男』仏訳の第三巻、古井由吉『招魂としての表現』、須賀敦子『コルシア書店の仲間たち』『ヴェネツィアの宿』、森敦『月山・鳥海山』、ガダマーの自伝『哲学修行時代』。今日は椎名誠『銀座のカラス』上下巻、ディルタイ『体験と創作』下巻、円城塔『オブ・ザ・→
stand_00今回の「推し本」(速報版)・傷つきやすい人のための図太くなれる禅思考(枡野俊明)・オブ・ザ・ベースボール(円城塔)・読書と社会科学(内田義彦)・炎上する君(西加奈子)・窓の魚(同)・さくら(同)・三十億光年の孤独(宮… https://t.co/wZH8lML2GT
tegetegelife【オブ・ザ・ベースボール/円城 塔】を読んだ本に追加 → https://t.co/bR8gqJLUwM #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)