トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深緑野分 > オーブランの少女

オーブランの少女(深緑野分)

オーブランの少女(著者:深緑野分)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

深緑野分新刊

  • 発売日
    2019年2月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版24号 (文春e-book)
  • 発売日
    2018年12月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版23号 (文春e-book)
  • 発売日
    2018年10月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版22号 (文春e-book)

オーブランの少女関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

オーブランの少女関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sorawoomoutoki小説を何冊か。深緑野分さんの「オーブランの少女」、フランチェスカ・リア・ブロックさんの「"少女神"第9号」、江國香織さんの「号泣する準備はできていた」それから小川洋子さんの「寡黙な死骸 みだらな弔い」#マシュマロを投げ合おう… https://t.co/zSCkcLJkjS
Spmpm72雰囲気が好きすぎるあまりなんども読んだやつ。白いしるし 西加奈子ハチ公の最後の恋人 吉本ばなな秘密の花園 三浦しをんNO CALL NO LIFE 壁井ユカコオーブランの少女 深緑野分 https://t.co/CoK0eeDoLc
orz_erベルリンは晴れているか、オーブランの少女、と読んで深緑野分先生の作風がだんだんつかめてきたぞ
8823_blue深緑野分『オーブランの少女』読書感想文 - 偽物の映画館とりあえず置いときます。 https://t.co/BM3UovJjTi
syadoyama@pallasoul 『屍人荘の殺人』映画が始まってしまう前に。チープと見せかけて鮮やかな転換。『開かせていただき光栄です』暴力と格差の渦巻く18世紀の解剖教室。薔薇の濃厚な香りが爽やかに変わる。『オーブランの少女』(深緑野分… https://t.co/W6WeWxv5vS
periansss【オーブランの少女 (創元推理文庫)/深緑 野分】この作品にはうまく焦点を合わせられなかった。ミステリのようではあるんだけど、謎解きとしては描かれていない。向き合い方がわからないまま読み終わって… → https://t.co/c4Y6N3Quqk #bookmeter
aNmiNreNtaN明神しじまと同時デビューの深緑野分もデビュー作を表題作とした『オーブランの少女』が刊行されるまでの道のりは必ずしも順調なものではありませんでしたが、その後は筆の勢いも増し、今では押しも押されもせぬ実力派の作家として活躍しています。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)