トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高野和明 > ジェノサイド

ジェノサイド(高野和明)

ジェノサイド(著者:高野和明)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ジェノサイド
  • 著者:高野 和明
  • ページ数:590
  • 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ISBN-10:4048741837
  • ISBN-13:9784048741835

ジェノサイド関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高野和明のその他受賞歴(候補含む)

ジェノサイド関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1104_XYzやっぱ高野和明はこうでなきゃ。ジェノサイド、おもろいわ~
izumi54336672「俺だって父親の愛情を疑ったこともあったが、自分が子供を持って分かった。父親というのは子供を愛しているし、何があっても守ろうとするはずだ」そして皮肉っぽい笑いを浮かべて付け足した。「母親ほどじゃないがね」高野和明『ジェノサイド』
book_beans2012年の本屋大賞は、 『舟を編む』 著/三浦しをん(光文社)だったね。ちなみに2位は、 『ジェノサイド』 著/高野和明(角川書店)で、3位は、 『ピエタ』 著/大島真寿美 (ポプラ社)だね。読む本悩んだなら読んでみたら?
wordsinbooksbotもしもここにジャーナリストがいたら、殺戮の模様を文章に認めていただろう。その記事が、読む者の心に平和への希求を芽生えさせるのと同時に、怖いもの見たさの猟奇趣味を煽り立ててしまうのを知りながら。(高野和明著、ジェノサイド)
kotoba_11怖ろしいのは知力ではなく、ましてや武力でもない。この世でもっとも怖ろしいのは、それを使う人格なんです。@ジェノサイド/高野和明
vivid_pink久しぶりに小説読んだ!読了。高野和明さんの小説は本当に面白い!次はジェノサイドだな~!
raisen_bot2_qmaNo.167 次の2012年に本屋大賞にノミネートされた本とその作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒くちびるに歌を―中田永一、ジェノサイド―高野和明、プリズム―百田尚樹
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)