トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高野和明 > ジェノサイド

ジェノサイド(高野和明)

ジェノサイド(著者:高野和明)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ジェノサイド
  • 著者:高野 和明
  • ページ数:590
  • 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ISBN-10:4048741837
  • ISBN-13:9784048741835

ジェノサイド関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高野和明のその他受賞歴(候補含む)

ジェノサイド関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_beans2012年の本屋大賞は、 『舟を編む』 著/三浦しをん(光文社)だったね。ちなみに2位は、 『ジェノサイド』 著/高野和明(角川書店)で、3位は、 『ピエタ』 著/大島真寿美 (ポプラ社)だね。読む本悩んだなら読んでみたら?
novel_beginning移り住んだ豪邸での生活は、何年経っても慣れるということがなかった。ジェノサイド/高野和明
JKY_san高野和明の『ジェノサイド』を読みます。
kemu8888_bot高野和明さんのジェノサイドという小説(ハードカバー)を寝る前にベッドで仰向けになり読んでたのですが途中で睡魔に負けて落下してきた本の角が額に直撃しましてジェノサイドされるかと思いました
_rurihime_「マイヤーズが舌打ちした。そこへドアが開き、シングルトンが顔を出した。長身の作戦部長は一同を見下ろし、猜疑心も露わに訊いた。」ジェノサイド 上高野和明
wordsinbooksbotもしもここにジャーナリストがいたら、殺戮の模様を文章に認めていただろう。その記事が、読む者の心に平和への希求を芽生えさせるのと同時に、怖いもの見たさの猟奇趣味を煽り立ててしまうのを知りながら。(高野和明著、ジェノサイド)
oharaQnyan@emiemily2512 何度も読んだ忘れられないものが、石田衣良の『4TEEN』、奥田英朗の『サウスバウンド』です。固め濃いめ多めなら高野和明の『ジェノサイド』、変わりダネなら和田秀樹『受験のシンデレラ』、絶対読んで『船を編む… https://t.co/KHj3HwJNjf
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)