トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 有川浩 > ストーリー・セラー

ストーリー・セラー(有川浩)

ストーリー・セラー(著者:有川浩)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ストーリー・セラー
  • 著者:有川 浩
  • ページ数:205
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103018739
  • ISBN-13:9784103018735

有川浩新刊

  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    明日の子供たち (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2017年12月6日
  • 書名
    キャロリング (幻冬舎文庫)

ストーリー・セラー関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

有川浩のその他受賞歴(候補含む)

ストーリー・セラー関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mitchell__third「空の中」読了!昨晩よなよな3時まで読んでしまった有川浩さんの作品の読破は今回で3冊目だったが、毎回ストーリーやら文体やら心情の描写が丁寧で素晴らしい!ファンになるのも頷ける✨まだ読書ビギナーだから一冊完結で限定して読んでるけ… https://t.co/5m25VBbBME
SFutonoナイス 【クジラの彼 (角川文庫)/有川 浩】甘々ラブコメ。自衛隊員の恋愛って大変なのね。こういうストーリー大好きです。 → https://t.co/A7KmIgpTVg #bookmeter
myk_kmt@Nja_SeikaOtk 完全に自分の好みになってしまうのですが、有川浩の図書館戦争シリーズ、キケンは読んでいて楽しいです
CapsizeP@rako_29 有川浩先生の作品はどれも素晴らしいのですが、『阪急電車』などは軽めに読めてオススメです!とても構造が素晴らしいので是非読んでもらいたいです。もし、おきに召したようなら、そのあとは『ストーリー·セラー』を。
Mistral1218「政と源」(三浦しをん)読了。じいさま連中の活躍、というモチーフは「三匹のおっさん」(有川浩)と同じだが、「三匹」の時代劇を思わせる勧善懲悪的なストーリーに対してこちらはもっと人情噺の性格が濃い。自分に無いものへの劣等感などいくつになっても変わらないんだな、と思う。#読書
Hana52234428@_RazGriz_ もし良かったら、有川浩さんの「ラブコメ今昔」を読んでみてください。そのあたり含め自衛隊の方々の愛らしいショートストーリー集です
honnokuni最初の呟き おすすめの本は有川浩先生の"アンマーとぼくら"この作品は沖縄が舞台 親子の思い出を振り返りながら愛を感じるストーリー読んだあと 沖縄に行きたくなりますヽ(*´∀`)ノ https://t.co/I3CsN4OSmK
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)