トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 舞城王太郎 > ビッチマグネット

ビッチマグネット(舞城王太郎)

ビッチマグネット(著者:舞城王太郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ビッチマグネット
  • 著者:舞城 王太郎
  • ページ数:206
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4104580058
  • ISBN-13:9784104580057

ビッチマグネット関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

舞城王太郎のその他受賞歴(候補含む)

ビッチマグネット関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

enonoki003【ビッチマグネット (新潮文庫)/舞城 王太郎】再読。なんでか舞城王太郎の作品の中で読み返す回数が特に多い。物語を作れるようになる→人の纏った物語、多面性を受け入れることで逆にそれを一本の筋… → https://t.co/mOrnUMuLrT #bookmeter
gomechi3@Key11you 舞城玉太郎でぐぐったら、王太郎でちゃんと出てきてグーグル先生凄いなって思いました
shosho_bot正論ってのはあくまでも自分っていう潜水艦の周囲の状況を確かめるために発信するソナーなんだよ。自分が正しいと感じる、信じる意見をポーンと打って、返ってくる反響で地形を調べるのだ。ソナーで道が拓けるわけじゃない。(舞城王太郎「ビッチマグネット」)
si_innosi鼻血は止まっている。人生は動いている。大学に行く。(舞城王太郎『ビッチマグネット』)
gachahori舞城王太郎の『ビッチマグネット』に「私は時々悲しいし、時々悲しくない」って言葉が出てきますが、そんな気分だったのでそんな気分を反映するような2時間のプレイリストを作りました。曲目はこんな感じです。… https://t.co/mjHORbztB5
kotonoha0127(死の後に)残るのは物語で、それが実際の記憶であろうと、私の勝手な想像による捏造であろうと、物語としては同じだが、たぶん細部の描写の強度で負ける。描写の強度で負ける物語は、語るに足りない物語なのだ。(『ビッチマグネット』舞城王太郎)
Fe8Zb舞城王太郎、ビッチマグネット以降は読んでないなあ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)