トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小川洋子 > ブラフマンの埋葬

ブラフマンの埋葬(小川洋子)

ブラフマンの埋葬(著者:小川洋子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ブラフマンの埋葬
  • 著者:小川 洋子
  • ページ数:154
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062123428
  • ISBN-13:9784062123426

ブラフマンの埋葬関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小川洋子のその他受賞歴(候補含む)

ブラフマンの埋葬関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nomad_54ブラフマンの埋葬、読了。3度目。最初は2006年ごろ、次が2010年ごろ、そして今。不思議と3回とも娘が近くにいた。小川洋子の名を初めて知ったのは娘に誘われて"博士の愛した数式"を観に行ったことでだったし。その後娘は数学がすきになった。何度読んでも胸震える物語だ。
5Splbr219uOuk0F#読書おはようございます
10_b_co【ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)/小川 洋子】を読んだ本に追加 → https://t.co/0WESRdTJKb #bookmeter
HB2jEAwY2zcYVs6小川洋子を立て続けに2冊。ブラフマンの埋葬と、凍りついた香り。小川洋子の作品では、ことりが最も好きだったけど、凍りついた香り、とても好きだ。
YoiRai_lalala小川洋子『ブラフマンの埋葬』#読了あらゆる種類の芸術家たちに無償で仕事場の提供を行う、「創作者の家」という施設の管理を担う語り手が、ブラフマン(=梵語で「謎」の意。)という生物を拾って、、、という話。題名とあらすじから、創作(… https://t.co/bCU3VhXBTE
CtgN7jブラフマンの埋葬 小川洋子 講談社なんだかふわふわさらさら淡々と読んでいたら、読み終わっていた。そして泣いてた。小川洋子さんの作品、柔らかい景色が脳内に浮かぶのに、音がなくて静かで。なのに彼らの手や動きまで鮮明に見えるのが不思… https://t.co/n7csjpDL3I
hnd_kgモルカー見てなぜか小川洋子のブラフマンの埋葬を思い出した わたしだけ?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)