トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 結城充考 > プラ・バロック

プラ・バロック(結城充考)

プラ・バロック(著者:結城充考)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:プラ・バロック
  • 著者:結城 充考
  • ページ数:376
  • 出版社:光文社
  • ISBN-10:433492655X
  • ISBN-13:9784334926557

プラ・バロック関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.1.18 大賞はどの作品に!?「2018年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

    2018年1月18日(木)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2018年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

  • 2018.1.9 【今週はこれを読め! SF編】異なる物理理論の宇宙が、この宇宙を浸蝕する!

    『宇宙消失』では人間原理、『ディアスポラ』では六次元時空構造、『クロックワーク・ロケット』では直交物理学......と、手を変え品を変え、読者の科学理解をあっさりとぶっちぎってくれているイーガンである。多くのSFファンはサッパリわからないといいながら、そのなんだか凄えイメージと案外叙情的なところもある物語に大喜びして読んでいるわけですが、こんかい訳された『シルトの梯子』はもうわからなさの極地。下敷きになっているのは量子グラフ理論。聞いたこともありません。

  • 2017.12.26 【今週はこれを読め! SF編】書いているのはタイプライターか私か? 狂っているのは誰か?

    マイクル・ビショップが頭角をあらわしたのは1970年代半ば。ジョン・ヴァーリイやジョージ・R・R・マーティンなどと並び、ニューウェイヴで先鋭化したアメリカSFを、やや伝統寄りスタイルに引き戻しながらも、小説的洗練と新しい時代の感覚をほどよく盛りこんだ俊英----という印象が強い。とりわけ邦訳がある『樹海伝説』と『焔の眼』は、文化人類学の発想で異質な文化、オルタナティブな世界観を鮮やかに提示した。

結城充考のその他受賞歴(候補含む)

プラ・バロック関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

onoyru結城充考さん面白い方だなぁ。なんか救われる。『プラ·バロック』の文庫本を見付けてすごく面白くて格好よくて。それからずっと追ってます。そういう作家さんと話せるの不思議。今日本当に救われました
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)