トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆 > ヨッパ谷への降下

ヨッパ谷への降下(筒井康隆)

ヨッパ谷への降下(著者:筒井康隆)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ヨッパ谷への降下―自選ファンタジー傑作集 (新潮文庫)
  • 著者:筒井 康隆
  • ページ数:298
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101171483
  • ISBN-13:9784101171487

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2018年2月1日
  • 書名
    もうすぐ絶滅するという煙草について
  • 発売日
    2017年11月24日
  • 書名
    現代作家アーカイヴ2: 自身の創作活動を語る
  • 発売日
    2017年11月20日
  • 書名
    筒井康隆コレクションVII朝のガスパール

ヨッパ谷への降下関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

筒井康隆のその他受賞歴(候補含む)

ヨッパ谷への降下関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ksukcoヨッパ谷への降下と一緒に、九死虫という作品がある。これは9回までなら死んでも復活できる虫の話だ。虫けらひとつに視点をのせ思いをのせ暴走する。虫が主役ってあんたは一体なんなんだ?筒井康隆。。。虫の視点を考えられるその頭。。。貸してくれ。。。
okiraku_k自分は『脱走と追跡のサンバ』に始まり『虚人たち』以降へと続くメタフィクションの作品群と、「家」や「遠い座敷」「ヨッパ谷への降下」などの幻想作品が好きで、『驚愕の曠野』を氏の最高傑作と思っているのだが、本書を読んでいると他の作品も読み返したくなった。<『筒井康隆入門』
gn52694303「ひやあ。こいつ、ネズミをつかまえたぞ」筒井康隆『ヨッパ谷への降下』
crescentmoondad筒井康隆『ヨッパ谷への降下』読了。筒井康隆独自の幻想的短編作品集。日本人的感覚(じめじめ黴臭いイメージ)を基調にエロくて薄暗くてちょっとオカシくて、しかしやり過ぎず、実験的ではあるが自己陶酔には陥らない=ブラックユーモアで読者を翻弄・魅了する。これこそ筒井康隆!を堪能できる一冊。
dodo_20131228#いちごの日筒井康隆かなこれが入ってる薬菜飯店は外れ無しだったヨッパ谷への降下は美しいすぎて泣ける
kafspri筒井康隆「ヨッパ谷への降下」読了。自選ファンタジー傑作集12編。エログロ不条理・社会をシニカルに批判する作風は健在で、幻想且つ寓話的作品群。だが人間は愚かながらも、どう生きるべきかを説き、時には郷愁も感じる。読書芸人で話題となった… https://t.co/gRFGx0MPOa
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)