トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 両角長彦 > ラガド 煉獄の教室

ラガド 煉獄の教室(両角長彦)

ラガド 煉獄の教室(著者:両角長彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ラガド 煉獄の教室
  • 著者:両角 長彦
  • ページ数:338
  • 出版社:光文社
  • ISBN-10:4334926983
  • ISBN-13:9784334926984

ラガド 煉獄の教室関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.3.31 【今週はこれを読め! エンタメ編】女たちの喪失と希望の物語〜ジュリア・フィリップス『消失の惑星』

    幼い姉妹が八月の午後を過ごしている海辺の描写に、まずやられる。どちらかというと風景の描き方といったものに注意を払わない無粋な人間がそういう部分に目を留めるとき、その小説は傑作だと思って間違いない。母から妹の面倒をみるようにとの指示に倦んでいる姉と、年齢のわりには無邪気な妹。そして、足を怪我したと語る男。読者の胸にゆっくりと不穏さが忍び込んでくる。「行ってはだめだ、行くな」という我々の焦りは、彼女たちに届かない。

  • 2021.1.6 【今週はこれを読め! エンタメ編】地球滅亡までの1ヶ月の物語〜凪良ゆう『滅びの前のシャングリラ』

    "地球の滅亡まであと○○"という物語に外れはない。ぱっと思いつく限りでは、『ひとめあなたに...』(新井素子/創元SF文庫)も『終末のフール』(伊坂幸太郎/集英社文庫)もそうだ。そして、新たにこの系譜に連なるのが本書。

  • 2020.12.26 作家の読書道 第224回:伊与原新さん

    2019年に『月まで三キロ』で新田次郎文学賞、静岡書店大賞、未来屋小説大賞を受賞した伊与原新さん。地球惑星科学を専攻して研究者になった伊与原さんが読んできた本とは、ある日小説を書きはじめたきっかけとは。エンタメから分かりやすい理系の本まで、幅広い読書遍歴を語ってくださいました。

両角長彦のその他受賞歴(候補含む)

ラガド 煉獄の教室関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ggg_novel『両角長彦 ラガド 煉獄の教室』読了。東京都の私立中学に包丁を持った男が侵入し、生徒一名を刺殺する事件が発生。警察は事件の再現実験を行い、テレビ局は生放送で事件の真相を暴くと表明。だが事件に居合わせた同級生、担任教師、犯人の証言により、やがて恐るべき事件の裏側が浮かび上がる──。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)