トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 喜多喜久 > ラブ・ケミストリー

ラブ・ケミストリー(喜多喜久)

ラブ・ケミストリー(著者:喜多喜久)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ラブ・ケミストリー
  • 著者:喜多 喜久
  • ページ数:305
  • 出版社:宝島社
  • ISBN-10:4796680012
  • ISBN-13:9784796680011

喜多喜久新刊

  • 発売日
    2020年4月22日
  • 書名
    化学探偵Mr.キュリー9 (中公文庫 (き40-13))
  • 発売日
    2020年3月19日
  • 書名
    死香探偵-哀しき死たちは儚く香る (中公文庫 (き40-12))
  • 発売日
    2020年2月14日
  • 書名
    ビギナーズ・ラボ (講談社文庫)

ラブ・ケミストリー関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.5.19 【今週はこれを読め! SF編】初期筒井短篇の社会批判と心理的題材

    ユニークな海外SF翻訳によって、俄然、読者の期待を集めている竹書房が、日本SFにも乗りだした。第一弾は、筒井康隆初期短篇の再編集版。編者はファンにはお馴染みの日下三蔵さんだ。以前に編んだ『日本SF傑作選1 筒井康隆 マグロマル/トラブル』(ハヤカワ文庫JA)と対になる内容とのこと。

  • 2020.5.5 【今週はこれを読め! SF編】ヤング・カーティス・ニュートン、青二才からヒーローへ

    人気スペースオペラ《キャプテン・フューチャー》のリブート版。月面チコ・クレーターの秘密基地から出動する知恵と力と勇気のヒーロー、キャプテン・フューチャーことカーティス・ニュートンと、彼につきそうフューチャーメンという構図は元どおりだが、細かい設定が現代風にアレンジされている。たとえば、宇宙開発の歴史がアポロ宇宙船の月着陸の延長線上にあり、太陽系諸惑星への植民はテラフォーミングと人間のゲノム改造によって成されたといった具合だ。ちなみに元シリーズでは各惑星にネイティヴの知的種族が存在していた。

  • 2020.4.25 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん

    2015年に「十七八より」で群像新人文学賞を受賞して作家デビュー、2018年に『本物の読書家』で野間文芸新人賞を受賞、今年は「最高の任務」で芥川賞にノミネートされ注目度が高まる乗代雄介さん。たくさんの実在の書物の題名や引用、エピソードが読み込まれる作風から、相当な読書家であるとうかがえる乗代さん、はたしてその読書遍歴は?

ラブ・ケミストリー関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pikaiayaka@happy_trombone 乾緑郎さんのSF+ミステリーな『完全なる首長竜の日』と、喜多喜久さんのラブコメ+ミステリーの『ラブ・ケミストリー』などいかがでしょう?
ZX14RKawasaki喜多喜久さん「リプレイ2.14」読了。西澤保彦さんの「七回死んだ男」LIkeなラブファンタジー? https://t.co/ZJgvwoU9bt
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)