トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安藤礼二 > 光の曼陀羅 日本文学論

光の曼陀羅 日本文学論(安藤礼二)

光の曼陀羅 日本文学論(著者:安藤礼二)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:光の曼陀羅 日本文学論
  • 著者:安藤 礼二
  • ページ数:626
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:406214543X
  • ISBN-13:9784062145435

光の曼陀羅 日本文学論関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.4.17 【記者ノート】現代の潮流とらえた大江賞

    ノーベル賞作家の大江健三郎さん(79)が一人で選考を行う文学賞「大江健三郎賞」が7日、岩城けいさん(43)の『さようなら、オレンジ』(筑摩書房)に贈られる第8回で終わることが明かされた。80歳になる前に節目をつける潔い決断となった。

光の曼陀羅 日本文学論関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kitanorakko@aishokyo 折口信夫『死者の書』の評論と言うと安藤礼二『光の曼陀羅』(2008年)。大江健三郎賞受賞記念の対談(群像2009年7月号)が面白い。南方熊楠、身毒丸、井筒俊彦、空海、柳田國男と話題は拡散するが、『死者の書』への… https://t.co/0HikSwXXgn
quantumspin【光の曼陀羅 日本文学論/安藤 礼二】を読んだ本に追加 → https://t.co/rCMdaRSYsm #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)