トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安藤礼二 > 光の曼陀羅 日本文学論

光の曼陀羅 日本文学論(安藤礼二)

光の曼陀羅 日本文学論(著者:安藤礼二)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:光の曼陀羅 日本文学論
  • 著者:安藤 礼二
  • ページ数:626
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:406214543X
  • ISBN-13:9784062145435

安藤礼二新刊

  • 発売日
    2018年6月2日
  • 書名
    大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復させる

光の曼陀羅 日本文学論関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.4.17 【記者ノート】現代の潮流とらえた大江賞

    ノーベル賞作家の大江健三郎さん(79)が一人で選考を行う文学賞「大江健三郎賞」が7日、岩城けいさん(43)の『さようなら、オレンジ』(筑摩書房)に贈られる第8回で終わることが明かされた。80歳になる前に節目をつける潔い決断となった。

光の曼陀羅 日本文学論関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Man_with_a_MC僕はそこまでしっかり文学理論を学んだわけではないのですが、大江健三郎『新しい文学のために』、柄谷行人『日本近代文学の起源』、安藤礼二『光の曼陀羅』、山口昌男『文化と両義性』、中沢新一『チベットのモーツァルト』は面白かったです。… https://t.co/dVttjZGQGv
denshosaleDMM電子書籍 期間限定セール 安藤礼二『光の曼陀羅 日本文学論』30%pt還元 2160円https://t.co/ixvIShTJ2A
tokyorealism③森敦『われ逝くもののごとく』(860頁)2,376円安藤礼二『光の曼陀羅 日本文学論』(704頁)2,700円安岡章太郎『僕の昭和史』(808頁)3,132円山城むつみ『ドストエフスキー』(664頁)2,700円ハードカ… https://t.co/Xw581mHrW3
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)