トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中慎弥 > 共喰い

共喰い(田中慎弥)

共喰い(著者:田中慎弥)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:共喰い
  • 著者:田中 慎弥
  • ページ数:144
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087714470
  • ISBN-13:9784087714470

共喰い関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中慎弥のその他受賞歴(候補含む)

共喰い関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yozo_oba_hirame読みたい(↓2つは多分私と同じ人『実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。(ペス山『BPDを産んだ、BPDかもしれない母へ。(うさぎはなこ最近読んだ『自縄自縛の私(蛭田亜紗子『プールサイド小景(庄野潤三『おと… https://t.co/tDgrQep2Ho
bunkoitigyo制服をTシャツと短パンに着替えた頃,あーくそ,わしも若いのともういっぺん,と1階から声が聞え,そのあと,今日は遅うなるけのう,と言った父が下駄で出てゆく。『共喰い』田中慎弥(集英社文庫)https://t.co/dTOb4drWKv
yuriyuutoutoi十亀の凄惨な過去話は素晴らしかった。田中慎弥「共喰い」を想起させる、暴力と飢えと性の話…木原先生らしい柔らかい言葉で綴られてるので読みやすかった。まるで一編の映画を見たような爽快な気分。最後の「こいつ甘えきったどら猫みたいな顔して寝てんな」には笑ったw
akutagawa_syouセックスのときに女を殴る父と右手が義手の母。自分は父とは違うと思えば思うほど、遠馬は血のしがらみに翻弄されて──。芥川賞受賞作『共喰い』田中慎弥
qmabungaku【線結び】次の第146回芥川賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい[A.道化師の蝶|B.共喰い|C.きなりの雲][1.田中慎弥|2.円城塔|3.石田千]→A-2、B-1、C-3
tmugu今日の昼休みから田中慎弥さんの「共喰い」を読むことにします。第146回芥川賞受賞作。ちょっと古いけど
Tommy00000626@f18411 原田マハ『奇跡の人』良いよ、分厚いけど。薄いのなら田中慎弥『共喰い』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)