トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 井上荒野 > 切羽へ

切羽へ(井上荒野)

切羽へ(著者:井上荒野)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:切羽へ
  • 著者:井上 荒野
  • ページ数:204
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4104731021
  • ISBN-13:9784104731022

切羽へ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

井上荒野のその他受賞歴(候補含む)

切羽へ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp【新着書評】生まれそだった島に、絵描きの夫と穏やかに暮らす、セイ。ある日、東京から音楽教師が島に移り住む。その教師が気になり始めるセイ。 『切羽へ/井上荒野/新潮社』 https://t.co/k2JygsRNyU #本が好き
momomi841読み終わったけど余韻が続いて離れがたくてまた最初から読む今は井上荒野『切羽へ』
mofmofuumin今日は気が付けば、koshさんの朝顔が頭の中でずっと流れていた。これはしばらく続きそう海が出てくる本を読みたくなった昔に読んだ井上荒野さんの切羽へ、好きだったな。実家にあると思う
kiai_ganz井上荒野さんの本を読み進めている。繰り返されるモチーフも沢山あって。本当はすぐ近くにあるのに、無いものとして扱っている「死」について思いを馳せてしまう。見たく無いものを見せられてしまう、ついつい見てしまう不安感と不穏感も。「ママ… https://t.co/msicZqDuKA
3eepUs好きな作家さんの本は文庫を持ってても、単行本も欲しくなるんだよね。私は井上荒野さんの「切羽へ」と、藤野千夜さんの「主婦と恋愛」は、最初に文庫で読んであまりに好きで、後日、単行本買った
gurigura_bw0630@himibooks 井上荒野さん、過去に2冊ほど読んだことがあります。直木賞をとった「切羽へ」、これも夫婦の関係性を描いた話でした。悟られたくない内面を上手く書かれていて、手強い作家さんでした。刺さるという評価、わかる気がします。
lst8964「切羽へ(井上荒野)」 文章がとにかく美しかった。刹那的。#読了
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)