トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊東潤 > 城を噛ませた男

城を噛ませた男(伊東潤)

城を噛ませた男(著者:伊東潤)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:城を噛ませた男
  • 著者:伊東 潤
  • ページ数:277
  • 出版社:光文社
  • ISBN-10:4334927815
  • ISBN-13:9784334927813

伊東潤新刊

  • 発売日
    2020年2月20日
  • 書名
    走狗 (中公文庫)
  • 発売日
    2020年2月20日
  • 書名
    茶聖
  • 発売日
    2019年10月23日
  • 書名
    潮待ちの宿

城を噛ませた男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊東潤のその他受賞歴(候補含む)

城を噛ませた男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rocka000やったー、伊東潤先生から「いいね」もらった。「国を蹴った男」「王になろうとした男」「城を噛ませた男」の3冊の短編集は傑作。勇者や英雄ばかりではなく、臆病者や小才子、器量が小さい人物を描くのがうまい。
alpha910時間が気になり始めたので、奥の方まではいけなかった。奥は展望台があり外洋が見渡せるようでした。この城は伊東潤さんの短編小説「鯨がくる城」の舞台となった城で、私はこの小説で知りました。短編集「城を噛ませた男」収録。この本、真田昌幸や板部岡江雪が主人公の短編もあり、おすすめです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)