トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆 > 夢の木坂分岐点

夢の木坂分岐点(筒井康隆)

夢の木坂分岐点(著者:筒井康隆)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:夢の木坂分岐点 (新潮文庫)
  • 著者:筒井 康隆
  • ページ数:309
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101171246
  • ISBN-13:9784101171241

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2017年11月24日
  • 書名
    現代作家アーカイヴ2: 自身の創作活動を語る
  • 発売日
    2017年11月20日
  • 書名
    筒井康隆コレクションVII朝のガスパール
  • 発売日
    2017年8月25日
  • 書名
    幻想の未来 (角川文庫)

夢の木坂分岐点関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

筒井康隆のその他受賞歴(候補含む)

夢の木坂分岐点関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gannbattemasenn筒井康隆長編ベスト5 1『虚航船団』 2『夢の木坂分岐点』 3『虚人たち』 4『俗物図鑑』 5『霊長類、南へ』
t_hotta三鷹の筒井康隆イベント、客入りはもう一つだったのか。てっきり熱狂的ツツイストがつめかけて大変なことになっているかと思ったのに。ちなみに私が長編ベストを選ぶならこの5作。1 脱走と追跡のサンバ2 夢の木坂分岐点3 大いなる助走4 パプリカ5 愛のひだりがわ
kashiwamochi42筒井康隆のマイベストを自分も選びたくなって。〈長編〉1「夢の木坂分岐点」2「旅のラゴス」3「パプリカ」4「霊長類南へ」5「残像に口紅を」
dAILaN9YYHQ6Ud6佐々木敦さんにならい、筒井康隆先生の長編小説ベストテンを選んでみた。「七瀬ふたたび」「旅のラゴス」「馬の首風雲録」「夢の木坂分岐点」「ダンシング・ヴァニティ」「わたしのグランパ」「パプリカ」「愛のひだりがわ」「巨船ベラス・レトラス」「モナドの領域」こんなところかなあ。
tobetwenty佐々木敦「筒井康隆入門」作品発表順に章分けされているおかげで、どこまで読んでいたかがはっきり分かった。虚構船団以前はほぼ全部読んでいたが、鼬の章で挫折し(当時高校生)エロチック街道や夢の木坂分岐点頃から強まる純文学臭に違和感を覚え始めたんだった。虚人たちはわくわくしたんだけどな。
yrxiFcP2SIK9iEC私の筒井康隆長編ベスト5は、前にも言ったかもしれませんが、1位「虚人たち」、2位「脱走と追跡のサンバ」、あとが難しいが、3位「銀齢の果て」、4位「夢の木坂分岐点」、5位は特別枠で「虚構船団」。
pkd_straysheep筒井康隆長編ベスト5こうなるかなあ......1『ダンシング・ヴァニティ』2『残像に口紅を』3『巨船べラス・レトラス』4『夢の木坂分岐点』5『脱走と追跡のサンバ』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)