トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん > 天国旅行

天国旅行(三浦しをん)

天国旅行(著者:三浦しをん)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:天国旅行
  • 著者:三浦 しをん
  • ページ数:234
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4104541060
  • ISBN-13:9784104541065

三浦しをん新刊

  • 発売日
    2018年9月10日
  • 書名
    愛なき世界
  • 発売日
    2018年9月7日
  • 書名
    愛なき世界 (単行本)
  • 発売日
    2018年9月7日
  • 書名
    愛なき世界 (単行本)

天国旅行関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三浦しをんのその他受賞歴(候補含む)

天国旅行関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

daidaimaru三浦しをんさんの『天国旅行』『むかしのはなし』読み終わった。何の前情報もなく買ったんだけど、『天国旅行』は私の好きな心中をテーマにした短編集だったし『むかしのはなし』はちょっとSFっぽい短編集(実は繋がりがある)で二冊ともどストライク⚾️
chairon2828三浦しをんの天国旅行って短編集かな?の一作目を読んだんだけど、この人の引き込み感すごいな、グイッと世界に連れ込まれて一緒に野営した
rahkei@michishitan 絲山秋子「沖で待つ」恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」「像と耳鳴り」小野不由美「残穢」三浦しをん「天国旅行」村田沙耶香「コンビニ人間」森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」この辺が最近読んでよかったのでおススメしとくね!読んだことあるやつあったらすまぬ
boobookwords他人からすると「どうして」と思えるようなことで、ひとは死を選ぶときもある。苦しみはいつでも、相対的なものではない。(『天国旅行』三浦しをんp33)
chibissink千早茜さんの「あとかた」、三浦しをんさんの「天国旅行」美しい物語、美しい表紙、心が揺さぶられる。 https://t.co/h7Mg0a1pQF
mikadukipan2三浦しをんさんはまほろシリーズや舟を編むが有名かもしれないけど、私が語りはじめた彼はとか天国旅行、きみはポラリスやむかしのはなしをおススメする。読みやすい中に譲れない性癖が織り込まれて、それが艶やかな紋様を成している短編集ばかり。一見美しい、だが心の核をくすぐる作品が多くて好き。
pgpeach19863.本漫画も読むけどどちらかと言えば小説を読むかも。森絵都さんが好きです。思春期特有の繊細な柔らかい雰囲気を描き出すのが本当に上手い方だなぁと。最近は三浦しをんさんの天国旅行を読んでますが、死をテーマにしてるだけに少し重く、湿り気のある暗さがあるなと思います。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)