トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 梨木香歩 > 家守綺譚

家守綺譚(梨木香歩)

家守綺譚(著者:梨木香歩)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:家守綺譚
  • 著者:梨木 香歩
  • ページ数:155
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4104299030
  • ISBN-13:9784104299034

梨木香歩新刊

  • 発売日
    2018年4月18日
  • 書名
    海うそ (岩波現代文庫)

家守綺譚関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

梨木香歩のその他受賞歴(候補含む)

家守綺譚関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

firstline_Novel鳥の落とし物から、時折見慣れぬ洋風の草も芽吹くが、元々は和風の庭だ。梨木香歩「家守綺譚」
tsukikage_oboro『こゑふたつ』は梨木香歩『家守綺譚』漆原友紀『蟲師』が好きな人はぜったいに ハマるよ。ちょっと位相は違うけど、近いと思う。短歌でいうと前登志夫とか渡辺松男を引き合いに出したくなるけど、そこまで異界じゃない。鴇田さんの句のほうが… https://t.co/5eS8ytCZgl
saki_makes静かな部屋で、紅茶を飲みながらセイとゆったり読書をする時間が私の至福
a1rescha #このタグを見た人は珈琲片手に読みたい本をいう 家守綺譚//梨木香歩死んだ友人が、掛軸の中から舟を濃いでやってくる。庭の木に惚れられる。なんだこれと思いながらも気付けば惹き込まれ読み切っている。そして何度読んでも面白い!
boys_word――高堂。私は大きな声で呼んだ。もっと話したいことがある。――もう会えんのか。――また来るよ。高堂は小さくなるボートの上から、そう応えた。(梨木香歩「家守綺譚」)
zara1q84梨木香歩さんの『家守綺譚』、素晴らしく良質なブロマンスだから是非読んで欲しい。読み終わって寂しくなっても大丈夫、『冬虫夏草』という続編もあります。この二作を読んでから『村田エフェンディ滞土録』を読むとオールキャラのアンソロジーに推しCPが出てきたみたいな気分になるのでより最高。
wlb922『冬虫夏草』梨木香歩/「家守綺譚」の続編。人、怪異、植物…何にも動じない主人公が愛犬ゴローを探す物語。この世と夢幻が曖昧な道中で、その土地の人々やイワナの夫婦、河童の山童などと出会う。豊かな自然や個性豊かな登場人物が、心に沁みるような美しい文章で描かれています。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)