トップページ > 作家名一覧 > てから始まる作家名一覧 > 天童荒太 > 家族狩り

家族狩り(天童荒太)

家族狩り(著者:天童荒太)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:家族狩り オリジナル版
  • 著者:天童 荒太
  • ページ数:562
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103957026
  • ISBN-13:9784103957027

家族狩り関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

天童荒太のその他受賞歴(候補含む)

家族狩り関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Atsu_21_0406何かのきっかけで、自分が 心の自由を奪われて いたことに気づいたとき、 初めて自分自身もまた、 無知なるままに、 身近にいる大切な人を、 同じように縛りつけていた と気づくのです。 by 家族狩り、天童荒太#格言 #名言 #共感したらRT
amenone1【松雪泰子】家族狩り ドラマ キャスト あらすじ 感想ネタバレ【天童荒太/北山宏光】 - NAVER まとめ https://t.co/ArY3pZMLty
nut_brobro児童福祉を題材にしている小説としておすすめなのは天童荒太さんの「永遠の仔」。ジャンルとしてはミステリーで、かつフィクションなんですけど、どうしても心が苦しくなる作品。ほか「悼む人」や「家族狩り」も、悩み尽きない人の心に寄り添いたくなる。
an_gobun_botベストセラーとなった”家族狩り””永遠の仔”などの作品で知られる小説家は誰? 天童荒太
rinrinrin191919【格言】何かのきっかけで、自分が 心の自由を奪われて いたことに気づいたとき、 初めて自分自身もまた、 無知なるままに、 身近にいる大切な人を、 同じように縛りつけていた と気づくのです。 by 家族狩り、天童荒太
mys_sus_bot【タイピング】第9回山本周五郎賞を受賞した天童荒太の小説は『○○狩り』?→家族
meigenkotoba2何かのきっかけで、自分が 心の自由を奪われて いたことに気づいたとき、 初めて自分自身もまた、 無知なるままに、 身近にいる大切な人を、 同じように縛りつけていた と気づくのです。 by 家族狩り、天童荒太#名言
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)