トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山岡荘八 > 徳川家康

徳川家康(山岡荘八)

徳川家康(著者:山岡荘八)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:徳川家康(1) 出世乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)
  • 著者:山岡 荘八
  • ページ数:502
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061950231
  • ISBN-13:9784061950238

徳川家康関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2010.12.22 作家の読書道 第110回:蜂谷涼さん

    小説の執筆はもちろん、地元の北海道は小樽を中心にテレビやラジオでも活躍中の蜂谷涼さん。08年に『てけれっつのぱ』が舞台化され文化庁芸術祭賞演劇部門の大賞を受賞するなど、その作品にも注目が集まる気鋭の読書道は、お父さんの意外な教育方針のお話から始まります。

  • 2008.10.29 作家の読書道:第84回 大崎梢さん

    書店で起きるちょっぴりなぞめいた出来事を、仕事のできるしっかり者の杏子と、不器用だけれど推理は冴えているアルバイト女子大生の多絵が、毎回見事に解決! そんな連作ミステリ『配達あかずきん』でデビュー、人気を博している大崎梢さん。小学生が探偵役のヤングアダルトや大学生の成長を描く青春小説など、作品の幅を広げている大崎さん、幼い頃から大作にどっぷりハマってきた様子。その読書体験の数々のお話、これがまた、とっても楽しいものでした。

  • 2007.12.21 作家の読書道:第74回 万城目学さん

    京都の大学生たちが、小さなオニを操って戦うという奇妙キテレツなホルモーなる競技。奇想天外な青春譚『鴨川ホルモー』で06年第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞してデビューした万城目学さん。この作品が各メディアで話題となり、07年発表の第2作『鹿男あをによし』は直木賞候補に。あっという間に人気作家となった青年は、どんな読書遍歴を辿ってきたのか? とっても気さくな万城目さん、読書話も愉快です!

徳川家康関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

saranemiku価格6000円~ NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第二巻 DVD 武田鉄矢 NHKエンタープライズ 滝田栄 小山内美江子 大竹しのぶ 山岡荘八 八千草薫 役所広司 https://t.co/Hf4E7ejj3v
iPhoone3G“収賄や職権乱用の罪で、現在拘置所に収監されている韓国の朴槿恵前大統領。現地紙は、朴氏は拘置所で山岡荘八の長編小説「徳川家康」を愛読しており、自分自身を家康に投影しているようだと伝えています。” https://t.co/o2PIf57yc5
iPhoone4G“収賄や職権乱用の罪で、現在拘置所に収監されている韓国の朴槿恵前大統領。現地紙は、朴氏は拘置所で山岡荘八の長編小説「徳川家康」を愛読しており、自分自身を家康に投影しているようだと伝えています。” https://t.co/3d4FCiUGfK
m0if48パククネが拘置所で山岡荘八の「徳川家康」読んでるってほんとかよwww 釣りネタじゃねーの?www
bellbelo99中国では、収監中の朴槿惠が山岡荘八著書の徳川家康を読んでいる事が話題になっていました。本田宗一郎はこの本を読んで、こんなもんで天下が取れるのならば、誰にでも天下は取れると言って不満げだったそうですが。
KohUpTown現在収監されている朴槿恵。山岡荘八の長編小説「徳川家康」を獄中で愛読しているときいて驚いたが少し納得もした。彼女は一体何をしたかったのだろうか。権力ある時に自ら信じる道を行動にすればよかったのにね。
tomoyukintoki山岡荘八「史談 家康の周囲」 大ベストセラー『徳川家康』の著者が、その創作の動機や意図を、情熱をこめて語り、家康の実像に迫る。また、信長、秀吉、政宗など、周囲の人物像にも鋭い視線をあてた史談集。ビジネスマン必読の書。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)