トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中村文則 > 掏摸

掏摸(中村文則)

掏摸(著者:中村文則)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:掏摸(スリ)
  • 著者:中村 文則
  • ページ数:175
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309019412
  • ISBN-13:9784309019413

中村文則新刊

  • 発売日
    2018年1月4日
  • 書名
    惑いの森 (文春文庫)
  • 発売日
    2017年8月18日
  • 書名
    R帝国
  • 発売日
    2017年6月22日
  • 書名
    教団X (集英社文庫)

掏摸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中村文則のその他受賞歴(候補含む)

掏摸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

enmt取りあげる作品は、中村文則さんの代表作『掏摸』(河出文庫)です。『王国』(同)についてや、大江健三郎賞受賞記念の公開対談の時の話なども、時間があったらしたいと思います。 https://t.co/snrXfCmTHs
JunkoUtsむしろ失うべきかと思ってた小銭入れとキューピー。最後に使ったのは4週間前の弁当屋。中村文則著『掏摸』を昨夜一気読みして、すっかりスリにやられたことで納得してた。デスク下の隙間で保護されたのは今朝のこと。踏ん切りついた矢先にぶり返… https://t.co/J416zU2Q8d
bot_meibun「でも、所有という概念がなければ、盗みの概念もないのは当たり前だろ?世界にたった一人でも飢えた子供がいたとしたら、全ての所有は悪だ」(中村文則『掏摸』)
LNc2qtNfLhq1zulお前がもし悪に染まりたいなら、善を絶対に忘れないことだ。悶え苦しむ女を見ながら、笑うのではつまらない。悶え苦しむ女を見ながら、気の毒に思い、可哀想に思い、彼女の苦しみや彼女を育てた親などにまで想像力を働かせ、同情の涙を流しながら、もっと苦痛を与えるんだ。中村文則 掏摸
Escapism9288掏摸も良かったけど何もかも憂鬱な夜にとか世界の果てとか好きだった中村文則ははずれがない
T_KAKUBAN【オススメ作品】東京を仕事場にする天才スリ師。ある日、彼は「最悪」の男と再会する―。著者、中村文則の「掏摸(スリ)」はこの冬、オススメしたい1冊!読み終わった後、きっと「面白かった」と思える1冊です!#TSUTAYA #掏摸… https://t.co/X8YI2Q10Te
liferens『銃』/『遮光』/『掏摸』/『土の中の子供』で芥川賞受賞 → 中村文則
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)