トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋源一郎 > 日本文学盛衰史

日本文学盛衰史(高橋源一郎)

日本文学盛衰史(著者:高橋源一郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:日本文学盛衰史 (講談社文庫)
  • 著者:高橋 源一郎
  • ページ数:664
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062747812
  • ISBN-13:9784062747813

日本文学盛衰史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高橋源一郎のその他受賞歴(候補含む)

日本文学盛衰史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bkbkbook29次回初参加させていただきます...!高橋源一郎の『日本文学盛衰史』を紹介したいと思ってます。よろしくお願いします。 https://t.co/ftlN7zQ9Do
orange21807991今日の楽しい平日インプット習慣は、ライヒャルト『River of Grass』(英字幕)と高橋源一郎『日本文学盛衰史』(途中まで)。昨夜のうちに『追憶の一九八九年』は読了。そのほかは学校に召集されて卒論の再々々赤字いれ等をしていた。
Muscleneapolitaこれまで1番リツイートが多かった高橋源一郎『日本文学盛衰史』の文庫裏あらすじを軽く超えた。 https://t.co/9Ryc1MXeNG
t_yuro【日本文学盛衰史 (講談社文庫)/高橋 源一郎】を読んだ本に追加 → https://t.co/syDt2WDwbA #bookmeter
mizuharaosamuそこでふと思い出したのが、平田オリザの舞台、高橋源一郎原作「日本文学盛衰史」。吉祥寺まで観に行って、なかなか面白かったのだが、平田オリザ氏はなんと、夏目漱石役を「女性」にやらせていた。僕は思わずのけぞって驚いた。
geragetter①「夜雨」という名前の読み方は調べたところによると、「よさめ」もしくは「やう」という、この二通りだけである。私はこの事実を知らずに、十年以上「よるあめ」という読み方で生き続けてきた。この名前のおおもとである高橋源一郎氏の『日本文学盛衰史』でも、やはり「やう」で使われていた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)