トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海 > 暗い越流

暗い越流(若竹七海)

暗い越流(著者:若竹七海)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

若竹七海新刊

  • 発売日
    2019年4月16日
  • 書名
    ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    殺人鬼がもう一人

暗い越流関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

若竹七海のその他受賞歴(候補含む)

暗い越流関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

5845takatoにわか若竹七海氏「葉村晶」ファンです。たいていのファンの方はご存じでしょうが為念記入。よく知られている6冊の他に「ヴィラ・マグノリアの殺人」にチラリと「暗い越流」の二編に登場とのこと。「静かな炎天」大矢博子氏の解説による。
bigjoe_uri【暗い越流/若竹 七海】後味の悪さが光る短編集。幸せの家がとにかく後味が最高に悪い上にホラーとミステリーをうまくマッチさせた名作。このページ数でこんな作品を書けるのはすごいわ。 → https://t.co/LCqeMyiJRe #bookmeter
chaku_deba若竹七海先生の『暗い越流』を読み終えた。短編ミステリ集。表題作、暗い越流は日本推理作家協会賞を獲っているようで、ええ、してやられましたとも。読んだあと「あれ……あれぇ?」って最初のほう読み返したわ。
twijiro今度は短編集。また怪我してるし。『暗い越流 (光文社文庫)』若竹 七海 ☆3 https://t.co/oVQ1w5dhvi #booklog
tokka16g『暗い越流』 若竹七海読了ジャケットの写真も書体も、昭和の文芸映画(偏見)かって位地味だが、内容は葉村シリーズあり、イヤミス風ありで、ガツッとした読み応えラストの書き下ろしは、かなり趣味趣向が滲み出ててニヤリ
M0509N0829M若竹七海さんとのコラボとな。暗い越流は何年前なのか忘れたけど、あっと言う間に読んじゃったなぁ。良い作家さんですよね。 https://t.co/t0p0u3mAq4
_Havona若竹七海『暗い越流』光文社文庫。女探偵・葉村晶シリーズとノンシリーズのミックス短編集。『蝿男』『暗い越流』『幸せの家』『狂酔』『道楽者の金庫』の5編を収録。毎度、毎度、葉村晶は変な依頼を受け、痛い目を見るなという印象だけでそれ以上が感想は無く、無味無臭のミステリー短編という感じ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)