トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海 > 暗い越流

暗い越流(若竹七海)

暗い越流(著者:若竹七海)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

暗い越流関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

若竹七海のその他受賞歴(候補含む)

暗い越流関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nayun_konpaku若竹七海「暗い越流」を読んだ。面白かった、けど、やっぱり、面白ければ面白いほど、なんかもの悲しくなって、いく。
hogexfuga若竹七海「暗い越流」#読了全5話の短編集(うち2つは探偵・葉村晶が主役で相変わらずエラい目に遭ってる)最後に足元がぐにゃりと歪むような話ばかりで「うへぇ」と思うのに読後感はカラっとしてるの、不思議。余談:五十円玉二十枚を両替… https://t.co/RuXHXBGzYd
aya_biebee【暗い越流 (光文社文庫)/若竹 七海】5作が収められた短編集。最初と最後の話は葉山晶が登場する安定して淡々とエラい目に合っているのも面白い。あとの3作はいずれもラストで、うわっと言いたくなる暗… → https://t.co/1SVtyCp7Am #bookmeter
XuG2sneuesAr2yZ図書館で借りた若竹七海短編集「暗い越流」…「暗い越流」「幸せの家」「狂酔」は同じ地域を舞台にした話で三編につながりがあるのかと思えば一部の登場人物を除き、特になし。ただ、三編とも不気味な終わり方をする作品でした。
xi_124C41【暗い越流 (光文社文庫)/若竹 七海】葉村晶、いよいよ殺人熊書店員となる。シリーズではないけれど、「狂酔」が面白かった。南治彦シリーズも最後にもう一ひねりというのがしつこくもあり、サービス精神… → https://t.co/zRU4rQYxrp #bookmeter
hitoyan【読了】『暗い越流 (光文社文庫)』若竹 七海 https://t.co/OYcgoIPv5Q
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)