トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 若竹七海 > 暗い越流

暗い越流(若竹七海)

暗い越流(著者:若竹七海)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

若竹七海新刊

  • 発売日
    2017年1月12日
  • 書名
    自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫)

暗い越流関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

若竹七海のその他受賞歴(候補含む)

暗い越流関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bettyforest【暗い越流 (光文社文庫)/若竹 七海】どの短編も最後の最後、オチが見事で、身の毛もよだつミステリーでした。葉村晶シリーズを読みたくて購入したけど「狂酔」が一番圧倒されました。なぜシスターはあそこまで... →https://t.co/BDAd1qTNQ2 #bookmeter
Kinoppy_Store≪Kinoppy×光文社≫【電子書籍デビューにオススメの短編集・ショートショート】『暗い越流』若竹七海(著)など、対象作品をWeb・Androidストア購入で、ポイント40倍!!4/6(木)まで! #kinoppy #ebook… https://t.co/zIOZvisgzL
alotofmoneyナイス【暗い越流/若竹 七海】なぜか今まで読む事がなかった、若竹七海の短編集。まず、タイトルに惹かれた。装丁もいい感じである。作品のテイストがしっかり統一されており、読後感も満足で →https://t.co/D5SJEt9u6Y #bookmeter
Cuckoo_Cocoon【暗い越流 (光文社文庫)/若竹 七海】を読んだ本に追加 → https://t.co/MJh40w2Tem #bookmeter
kinokuniyasale暗い越流 (若竹七海) が、紀伊國屋電子書籍で195ポイント増えて594円、200ポイント還元になりました。https://t.co/WTTOZEDycd
akimarusyobou若竹七海『暗い越流』読了。第1話と最終話に葉村晶モノを持ってくるという憎い構成。1編1編の密度の高さ、当然のようにさらりと差し込まれる衝撃。ビターな味わいであっても、先へ先へとページをめくる手が止まらない。読了後には疲労感はなく心地よい充実感があるのみ。ううむ若竹七海、恐るべし。
ozukka_208ナイス >> 【暗い越流 (光文社文庫)/若竹 七海】表題作と葉村晶物2篇が良かった。葉村晶物のこけしの件で感じたのが、短編一本の為に、ここまでこけしの事調べるんだから、なるべく新刊で買って印税 →https://t.co/JggodpMATA #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)