トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉行淳之介 > 暗室

暗室(吉行淳之介)

暗室(著者:吉行淳之介)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:暗室 (講談社文芸文庫)
  • 著者:吉行 淳之介
  • ページ数:310
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061960172
  • ISBN-13:9784061960176

暗室関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉行淳之介のその他受賞歴(候補含む)

暗室関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tapioca077吉行淳之介ってフェミニズム界隈から、女性嫌悪の男根作家みたく批判されてるけど、「暗室」読むとそんな単純な人じゃないのわかるんだなぁ。
boutou_bot慈姑を摺り下ろしたものを、焼き海苔でくるんで脂で揚げる。昔それを食べて美味しい、と思い、もう一度食べたい、と思っているうちに五十年が経ってしまった。ある女流作家が、そういう随筆を書いているのが印象に残った。吉行淳之介『暗室』
kitchen_george浦山桐郎の『暗室』をBDで再見◆83年公開。原作は吉行淳之介の小説。劇中の成城学園駅や成城石井も今は姿を変えているが、馴染み深いのはコチラ。何だか気恥ずかしい。本作や東陽一の『化身』(86年)など、80年代のズレ方は、今やとても恥… https://t.co/Cxmma4vQfx
H0eru『暗室』読み終えたことですし『地の群れ』再読をおおっぴらにやってこうか。吉行淳之介の淡々とした文章の後では井上光晴の生々しさは異常かも
Shinoticarf吉行淳之介の暗室読んでるが、どエロで心折れそう。エロはぜんぜんいいけど完全に今ではアウトなエロ。フェミニストブチギレ案件過ぎてハラハラする。昔ーの話ーダネ
hamokko@TORI_1100 最初熊狩りって言いかけてやめた。でも確かに人間狩ってるぽい感じやね。 暗室いうたら吉行淳之介~。(でもどんなお話かあんま覚えてない。エロかったとしか)(読み直したいようなしたくないような)
daisanjishinjin吉行淳之介の小説も翻訳されていると知る(『The Dark Room』)。『暗室』は海外でも知名度の高い谷崎の名を冠した賞を貰った作品ということで選ばれたのだろうか。「スーパースター」に翻訳がないことを馬鹿にされたと書いていたけど、後に報われたんだね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)