トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉行淳之介 > 暗室

暗室(吉行淳之介)

暗室(著者:吉行淳之介)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:暗室 (講談社文芸文庫)
  • 著者:吉行 淳之介
  • ページ数:310
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061960172
  • ISBN-13:9784061960176

暗室関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉行淳之介のその他受賞歴(候補含む)

暗室関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gp8P0ElTGEFR7YQ吉行淳之介の『暗室』読んで見ようかな。でもテスト近いしな
onitannbitannbi#一番ルックスがタイプの作家を貼る吉行淳之介なんとも言えないセクシーさを纏ったおじさま…こんなおじさまが『砂の上の植物群』『暗室』などの陰鬱なエロスを博識に描いたかと思いきや、ざっくばらんにエッセイを書いているなんて… https://t.co/0VPAHiADVm
pocopoco_unpoco【暗室 (講談社文芸文庫)/吉行 淳之介】を読んだ本に追加 → https://t.co/uj6RDDcTJg #bookmeter
chat___noir吉行淳之介さんの本は昔のダンボール箱の中だろうな。ということはもう見つからない。「砂の上の植物群」「星と月は天の穴」「暗室」「夕暮れまで」は読んだと思う。「技巧的生活」とか読んだかなぁ。急に読みたくなった。「原色の街」「驟雨」のどちらかは持ってた。もちろん全部文庫本
ogasawaramaSTAY HOMEで今夜は吉行淳之介の暗室を読了。関係を持つ複数の女性と中年作家が独特の空気感で性の惑溺に溺れるもそこに愛はなく時に残酷でもあり精神的には孤独である。性を描写しつつも時に死が明滅する様はエロスとタナトス。性行為だ… https://t.co/SZTTah7AfU
Akiyamayutaka@tsubakist 吉行淳之介氏も同じく「閉じられた先へ向かう性」だったと思います。「暗室」等特に感じました。シネマジック作品で何作か吉行作品をモチーフに撮りました。
boutou_bot慈姑を摺り下ろしたものを、焼き海苔でくるんで脂で揚げる。昔それを食べて美味しい、と思い、もう一度食べたい、と思っているうちに五十年が経ってしまった。ある女流作家が、そういう随筆を書いているのが印象に残った。吉行淳之介『暗室』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)