トップページ > 作家名一覧 > りから始まる作家名一覧 > リリー・フランキー > 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(リリー・フランキー)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(著者:リリー・フランキー)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
  • 著者:リリー・フランキー
  • ページ数:450
  • 出版社:扶桑社
  • ISBN-10:4594049664
  • ISBN-13:9784594049669

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

VBhKdhb01mXmgqT映画 東京タワー(原作 リリーフランキーさん)の続き見てたら「高見沢俊彦」って単語が出てきてビビった(笑)
amelobquizリリー・フランキーの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』、立川談春の『赤めだか』、佐伯一麦(さえき かずみ)の『光の闇』、これらの単行本化された作品が掲載されていた、扶桑社から刊行されている文芸季刊誌を何というでしょう?
engekiya_red舞台「東京タワー」のパンフレット、販売中です!【火】萩原聖人、加賀まりこ、石田ひかり、千葉雅子、三上市朗、八十田勇一、新谷真弓、津村知与支、林隆三、リリー・フランキー、蓬莱竜太、G2さん。https://t.co/z8iV08Egk1よければ固定ツイも
ikioilaos「めー(ແມ່)」は『母(オカン)』「こーい(ຂ້ອຍ)」は『私(ボク)』「ぽー(ພໍ່)」は『父(オトン)』「ばーんとぅあ(ບາງເທື່ອ)」は『時々』著者リリー・フランキー『東京タワー~めーとこーいと、ばーんとぅあ、ぽー~』ゆるそうなお話になった…。
bomoionotokどこか懐かしくて、素敵な文章です。まだ読みかけだけど。装丁も美しいです。作者のリリー・フランキーさんのことは詳しくは知らないのだけれど、アニメ「おでんくん」も東京タワーの下のおでん屋さんの設定だし、東京タワーはリリー・フラン… https://t.co/ax8eqOZ8FZ
dga3313やさぐれたリリーフランキー東京タワー 〜タバコと酒と、ときどきパチンコ〜
pearl_chan_mh夜会見て、ニノとリリーさんは気が合いそうだと思った。ちょっと人とは違う視点とそれを言語化するセンスが同じ匂いがしたよ。リリーさんの「東京タワー」は号泣しながら読んだ。親思いで根っこが優しいところも似ている気がする。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)