トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 鏑木蓮 > 東京ダモイ

東京ダモイ(鏑木蓮)

東京ダモイ(著者:鏑木蓮)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:東京ダモイ
  • 著者:鏑木 蓮
  • ページ数:344
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062135604
  • ISBN-13:9784062135603

東京ダモイ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

東京ダモイ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ichigekihits鏑木蓮『東京ダモイ』読了。シベリアの捕虜収容所で起きた日本人中尉斬殺事件の謎が、60年後の舞鶴に飛び火。来日中の元収容所看護師や中尉の孫の怪死にからむ、天涯孤独な元抑留兵が残した意味深な句集。俳句の謎解きがややしつこいが、抑留生活の惨状には改めて鳥肌。相対的に、風化が懸念される。
37fRMpns6gOdNtJこちらも山崎豊子さん関連で読みたかった一冊。終戦記念日が近くなると、風化されてしまいそうになる戦争の悲惨さを感じずにはいられないんですよね
3021narariz(1) 鏑木蓮「東京ダモイ」読了。 1945年8月15日、日本国民は玉音放送により第2次大戦の終結を知った。しかし、それが地獄のはじまりであった・・・。 8月16日以降、すでに白旗を掲げている日本に対し、ソ連はその1週間前に日ソ不可侵条約を一方的に破棄し、(続) #読書
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)