トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 八木沢里志 > 森崎書店の日々

森崎書店の日々(八木沢里志)

森崎書店の日々(著者:八木沢里志)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:森崎書店の日々 (小学館文庫)
  • 著者:八木沢 里志
  • ページ数:205
  • 出版社:小学館
  • ISBN-10:4094085459
  • ISBN-13:9784094085457

森崎書店の日々関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森崎書店の日々関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

8hina01268【森崎書店の日々 (小学館文庫)/八木沢 里志】を読んだ本に追加 → https://t.co/rtqSlHRcgv #bookmeter
okbk0303【森崎書店の日々 (小学館文庫)/八木沢 里志】思わぬことが 、自分が知らなかった扉を開くということもある 。そんな体験を模擬的に経験できる一冊。 → https://t.co/N7ezogK9j8 #bookmeter
musoudokushokai8/25(土)読書会開催しました。『「マーケティング」で儲ける「営業」の本』佐藤昌弘『君の膵臓を食べたい』住野よる『また、同じ夢を見ていた』住野よる『映画術』塩田明彦『先輩がうざい後輩の話』しろまんた『森崎書店の日々… https://t.co/XMVD4ln37x
honzuki_jpやべ、軽く泣きそうに。内田百閒「阿房列車」が読みたくなった。 『続・森崎書店の日々/八木沢里志/小学館』 https://t.co/dBmePLScFX #本が好き
findareadingわたしは以前のように惰眠をむさぼることをもうやめにした。もうその必要も感じなかった。眠りの中に逃げ込む代わりに、叔父と店番を交代すると、自分の部屋か喫茶店で本を読んだ。ーー八木沢里志著『森崎書店の日々』(2010年9月、小学館文庫) https://t.co/YW80MngfZu
n7onxSO7L2gMfvIー君はある意味では僕の恩人なんだー5.八木沢里志『森崎書店の日々』書店の店主をしているサトル叔父さんが、貴子と出会ったときのことを懐古する場面が、グッとくる。自分の居場所を探すために、動いて、いろんなものと出会って。身軽で… https://t.co/tvpT4ZOORH
popopojazz八木沢里志さんの「森崎書店の日々」と「続・森崎書店の日々」を先月再読した。これを読むと読書欲が高まる。古本屋に住むなんて素敵すぎて悶える。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)