トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 八木沢里志 > 森崎書店の日々

森崎書店の日々(八木沢里志)

森崎書店の日々(著者:八木沢里志)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:森崎書店の日々 (小学館文庫)
  • 著者:八木沢 里志
  • ページ数:205
  • 出版社:小学館
  • ISBN-10:4094085459
  • ISBN-13:9784094085457

森崎書店の日々関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森崎書店の日々関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kafspri八木沢里志「続・森崎書店の日々」読了。叔父の営む古書店により立ち直った女性のその後の物語。思いを吐き出せない人、トラウマから前進できない人。そんな不器用で存在価値すらも見失う彼らには、必ず必要とする人がいるという希望を与えてくれる… https://t.co/Kyx1lIcJ8e
katsuouo『ええ、まあ…』小学館発行 八木沢里志著 【森崎書店の日々】より
s_muneo@yonda4 森崎書店の日々 / 八木沢里志 疲れているときに読むといいかもしれないやつ。でもぼくは桃子さん(の考え方)にはついていけないなあ…うーん。ま、いろんな夫婦の形がありますな(無難な締め方)
toto1515【続・森崎書店の日々 (小学館文庫)/八木沢 里志】を読んでいる本に追加 → https://t.co/jl3zLYNsFu #bookmeter
nose_flower@tendonn10 こちらこそよろしくお願いします
1998seiunsky@lo10KK @seikanosoraaoku 「続 森崎書店の日々/八木沢里志」は結構泣けました。晴れ晴れとした涙なら、本多孝好さんの「WILL」。でもこれもシリーズ第2作なんです。綾崎隼さんの花鳥風月シリーズもいいですね。僕のおすすめは「初恋彗星」。「命の後に咲いた花」
fallsea_blue旅行に行くときは1冊もしくは2冊、古本屋でフィーリングで買った安い文庫本を持っていくのだけど 予想以上に良いお話でグッときてしまって、泣きそうだから一旦閉じて携帯に逃げた。しずかで地味だけどスロウで良いです。八木沢里志 作 「森崎書店の日々」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)