トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北方謙三 > 檻

檻(北方謙三)

檻(著者:北方謙三)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:檻 (集英社文庫)
  • 著者:北方 謙三
  • ページ数:400
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087491943
  • ISBN-13:9784087491944

北方謙三新刊

  • 発売日
    2018年9月13日
  • 書名
    冬に光は満ちれど ブラディ・ドール(13) (ブラディ・ドール13)
  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    短編伝説: 別れる理由 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年7月12日
  • 書名
    たとえ朝が来ても ブラディ・ドール(12) (ハルキ文庫)

檻関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北方謙三のその他受賞歴(候補含む)

檻関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

TakaTrad北方謙三  檻堂場瞬一 アナザーフェイス一橋文哉 三億円事件  今でも印象に残っている三冊 https://t.co/zp0GXD7eRy #あなたの3冊ツイートキャンペーン #3冊買うとポイント3倍
kijiro_botハードボイルドと言っても、志水辰夫『裂けて海峡』、大沢在昌『標的はひとり』、北方謙三『檻』の三作は、冒険小説的要素を抜きにしては語れない。昭和四〇年代前半の第一期ピークとの差違は、その濃淡だろう。それを冒険小説の側から考えるなら、前途二つの流れとは別の、個の肉体から始める
momokurohan檻/北方謙三ヤクザから足を洗った主人公が、堅気の世界で暫く順調に生活していたが、心の隙間が生じた事から昔の破壊衝動が目覚め、滅びに向かってひた走る物語。老いぼれ犬シリーズを読んだ後だからか、海軍士官の短剣にぐっときた。しかし… https://t.co/33z8g0n7Sh
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)