トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島尾敏雄 > 死の棘

死の棘(島尾敏雄)

死の棘(著者:島尾敏雄)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:死の棘 (新潮文庫)
  • 著者:島尾 敏雄
  • ページ数:624
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101164037
  • ISBN-13:9784101164038

死の棘関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島尾敏雄のその他受賞歴(候補含む)

死の棘関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_LS_slo_bot1977年にベストセラーとなった島尾敏雄の小説で、1990年には小栗康平監督により映画化されたのは何?→死の棘(46%)
WD4TTFHFmDT5kHI@tomzt1026 島尾敏雄「死の棘」って虐待とは言えないかもしれないけど作者と思しき主人公が、狂った奥さんに浮気の事で無茶苦茶責められる小説で良くこんな物に賞をやったもんだと思う。
roumanha7三島「英訳する作品は何がいいかというアンケートがきたときに、ぼくはすぐ島尾(敏雄)さんの『死の棘』を挙げたのですけれども、あれは西洋人のヒューマニズムを震撼させますよ。」戦後の日本文学/伊藤整・本多秋五・三島由紀夫
samishira『死の棘』を読んだことがないのだが、島尾敏雄いいな 文章が好きだ
QZsUh9r#名刺代わりの小説10選日本文学編紫式部『源氏物語』夏目漱石『草枕』島崎藤村『破戒』宮沢賢治『銀河鉄道の夜』横光利一『時間』川端康成『山の音』島尾敏雄『死の棘』中上健次『枯木灘』古井由吉『白髪の唄』大江健三郎『懐かしい年への手紙』
bikasebu(タイ)夫婦の絆を描いた島尾敏雄の小説は『死の○』? A棘(とげ)/(分岐)ですが二人の女性に惹かれる編集者を描いた福永武彦の小説は『死の○』? A島(しま)
satounakadamaナイス 【死の棘 (新潮文庫)/島尾 敏雄】GW腰を据えてえいやっと一気に読む。夫の浮気を微に入り細に入り執拗に責め立てる妻、ひたすら謝るもエスカレーションする理不尽な妻の要求に逆ギレして自傷に… → https://t.co/iuoddLPBtD #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)