トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森絵都 > 永遠の出口

永遠の出口(森絵都)

永遠の出口(著者:森絵都)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:永遠の出口
  • 著者:森 絵都
  • ページ数:320
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087742784
  • ISBN-13:9784087742787

森絵都新刊

  • 発売日
    2018年11月25日
  • 書名
    みかづき (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年11月20日
  • 書名
    みかづき (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年7月24日
  • 書名
    世界一のクマのお話 クマのプー (角川文庫)

永遠の出口関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2006.2.17 『屋久島ジュウソウ』 森 絵都スペシャルインタビュー

    1 旅先で、感覚が研ぎ澄まされていく感じが好き エッセイ集としては13年ぶりとなる『屋久島ジュウソウ』を出版した森絵都さん。「小説すばる」に掲載した長編の旅日記『屋久島ジュウソウ』と、同誌に2年間連載していた『slight sight-seeing』から15編を選んで加筆したものを収録。

  • 2006.2.1 きらら熱烈インタビュー 第7回 森 絵都 さん

    本屋さんは一番心が安らぐ場所、どの町でも必ず本屋さんに行きます 児童文学の世界では不動の人気を誇り、一般向けに書かれた『いつかパラソルの下で』で直木賞にもノミネートされ、ますます活動の範囲を広げている森絵都さんに啓文社の、児玉憲宗さんとリブロ港北東急SC店の佐々木麻美さんが、デビュー作から最新作までの作品づくりの裏側を伺った。

森絵都のその他受賞歴(候補含む)

永遠の出口関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotobanotakara永遠の、限りないものに憧れる。でも、限りあるものほど、いとおしく思える。(永遠の出口 / 森絵都)
yuroppu難しい問題を難しく感じさせずに読ませる、森絵都さんの取材力の凄さよ…『この女』とかもね。でも『永遠の出口』とか『ラン』みたいなのもまたいいし。ジャンルに囚われず色んなものが書ける作家さんだなと改めて思ったり。
J8KVSgjZLC53Jx7『みかづき』森絵都塾がまだ珍しかった時代に、ゼロから塾を立ち上げた夫婦の物語。正直、話の筋自体めちゃめちゃ面白かったわけではないけど、登場人物一人一人がリアルで目に浮かぶようだった。永遠の出口でも思ったけど、人生を描くのがうまい。
8n_jh心と心がつながっている、 と感じられるのは素敵なことだ。 でも、それはよりまっすぐな瞳や 言葉やアクションを前にして、 はかなく敗れ去ることもある。 心に頼りすぎてはならない。 アクションを怠ってはならない。 by 永遠の出口、森絵都
otituku_小学生の頃に森絵都の『永遠の出口』という本を読んだ時、主人公が自暴自棄になって酒を煽るか何かして、「るるる ららら ららばい」みたいなことを地の文で言い始めた時めちゃくちゃ怖かった
iyashinomeigen心と心がつながっている、と感じられるのは素敵なことだ。でも、それはよりまっすぐな瞳や言葉やアクションを前にして、はかなく敗れ去ることもある。心に頼りすぎてはならない。アクションを怠ってはならない。(永遠の出口、森絵都)
bot_meibun「アタリ棒、捨てんの。惜しげもなく。そういうの見てっとさ、俺もいつかアイス当たってももらいに行かなくなるのかなーって。そのへんの境目っつーか、人はいつ当たったアイスをもらいに行かなくなるのだろうか……とかね、考えてたわけよ」(森絵都『永遠の出口』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)