トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森絵都 > 永遠の出口

永遠の出口(森絵都)

永遠の出口(著者:森絵都)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:永遠の出口
  • 著者:森 絵都
  • ページ数:313
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087742784
  • ISBN-13:9784087742787

森絵都新刊

  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    クラスメイツ〈前期〉 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    クラスメイツ〈後期〉 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年3月20日
  • 書名
    無限大ガール (Kindle Single)

永遠の出口関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2006.2.17 『屋久島ジュウソウ』 森 絵都スペシャルインタビュー

    1 旅先で、感覚が研ぎ澄まされていく感じが好き エッセイ集としては13年ぶりとなる『屋久島ジュウソウ』を出版した森絵都さん。「小説すばる」に掲載した長編の旅日記『屋久島ジュウソウ』と、同誌に2年間連載していた『slight sight-seeing』から15編を選んで加筆したものを収録。

  • 2006.2.1 きらら熱烈インタビュー 第7回 森 絵都 さん

    本屋さんは一番心が安らぐ場所、どの町でも必ず本屋さんに行きます 児童文学の世界では不動の人気を誇り、一般向けに書かれた『いつかパラソルの下で』で直木賞にもノミネートされ、ますます活動の範囲を広げている森絵都さんに啓文社の、児玉憲宗さんとリブロ港北東急SC店の佐々木麻美さんが、デビュー作から最新作までの作品づくりの裏側を伺った。

森絵都のその他受賞歴(候補含む)

永遠の出口関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotobanotakara生きれば生きるほど人生は込み入って、子供の頃に描いた「大人」とは似ても似つかない自分が今も手探りをしているし、一寸先も見えない毎日の中では呑気に<永遠>へ思いを馳せている暇もない。(永遠の出口 / 森絵都)
9ckp1g37qp4心と心がつながっている、 と感じられるのは素敵なことだ。 でも、それはよりまっすぐな瞳や 言葉やアクションを前にして、 はかなく敗れ去ることもある。 心に頼りすぎてはならない。 アクションを怠ってはならない。 by 永遠の出口、森絵都
yappinkun人物描写が絶妙。どこにでもいるような少女がよく描かれていますね。壊れかけた家族でいった旅行を描いた第六章...『永遠の出口 (集英社文庫(日本))』森 絵都 ☆3 https://t.co/Si7fxzljSp #booklog
bot_meibun「アタリ棒、捨てんの。惜しげもなく。そういうの見てっとさ、俺もいつかアイス当たってももらいに行かなくなるのかなーって。そのへんの境目っつーか、人はいつ当たったアイスをもらいに行かなくなるのだろうか……とかね、考えてたわけよ」(森絵都『永遠の出口』)
sukemorishun今回の旅の推薦図書は重松清著「青い鳥」と森絵都著「永遠の出口」でした。よかった。どちらも中高生に読んでほしい本です。
hasuhasu01永遠の出口森絵都さんは綺麗な文章を書く人なんだよね仮に本に賞味期限があるのならこの話は賞味期限などは存在しない缶詰のような話だと思うカラフルとかdive!とか書いている人だから読みやすいと思うよ
fgm9b345k4心と心がつながっている、 と感じられるのは素敵なことだ。 でも、それはよりまっすぐな瞳や 言葉やアクションを前にして、 はかなく敗れ去ることもある。 心に頼りすぎてはならない。 アクションを怠ってはならない。 by 永遠の出口、森絵都
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)