トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸 > 河岸忘日抄

河岸忘日抄(堀江敏幸)

河岸忘日抄(著者:堀江敏幸)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:河岸忘日抄 (新潮文庫)
  • 著者:堀江 敏幸
  • ページ数:405
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101294739
  • ISBN-13:9784101294735

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2019年8月10日
  • 書名
    子午線を求めて (講談社文芸文庫)
  • 発売日
    2019年6月18日
  • 書名
    あとは切手を、一枚貼るだけ (単行本)

河岸忘日抄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸のその他受賞歴(候補含む)

河岸忘日抄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yi_note #名刺代わりの小説10選 『さらば、夏の光よ』遠藤周作『秋の嘆き』福永武彦『顔の中の赤い月』野間宏『スティル・ライフ』池澤夏樹『四十一番の少年』井上ひさし『夏子の冒険』三島由紀夫『パーク・ライフ』吉田修一『冬の運… https://t.co/XZuT9shL9z
cogito_kobo大江健三郎は自身の文学をロシア・フォルマリズムの「異化」を使って説明していた。簡単に言えば、芸術とは普段当たり前のように流れていくものへの認識を遅延させ、再認識させるという考え方だ。堀江敏幸の『河岸忘日抄』の根底にあるのは、この「異化=遅延」なのではないかと思う。
nandelas2堀江敏幸さんの本は毎年読み返していて、ここ4年くらい「ゼラニウム」「いつか王子駅で」「雪沼とその周辺」「河岸忘日抄」「未見坂」「その姿の消し方」「燃焼のための習作」はローテーションしてるし、「曇天記」「オールドレンズの神のもとで」も加わる予定。新しい本を読みたい欲求とは完全に別。
necomimii堀江敏幸は「河岸忘日抄」と「おぱらばん」が大好きです
Franny0800【河岸忘日抄 (新潮文庫)/堀江 敏幸】誰しも一度はこういう思いを持ったことがあるだろう。人里離れた山の中、異郷の地、誰も自分のことを知らない遠く離れた土地で余生を送ることを。この物語はそこまで… → https://t.co/qI1Gn0h5FV #bookmeter
katanoina【読了】『河岸忘日抄 (新潮文庫)』堀江 敏幸 ☆4 https://t.co/jwayLSWTqU #booklog
aosora_777現在の読書状況。堀江敏幸「河岸忘日抄」「おぱらばん」を交互にゆっくり読んでます( ˘ω˘ )
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)